文字サイズ

となりのオンライン診療~他のクリニックはどう?~

となりのオンライン診療~他のクリニックはどう?~

コロナ禍で特例的に全面解禁となったオンライン診療ですが、政府は恒久化に向けた議論を開始しました。
そんな中、関心はあるものの、まだ導入されていない先生方のために、既に取り組んでおられる先生にお話を伺いました。

耳鼻咽喉科医が考えるオンライン診療のメリットと今後の展望

ひろしば耳鼻咽喉科で嗅覚・副鼻腔外来の診療を担っている中川隆之先生に、慢性副鼻腔炎診療におけるオンライン診療の展望をお伺いしました。

お話しいただいた先生
中川 隆之 先生 
医療法人顕夢会ひろしば耳鼻咽喉科

詳細はこちら

 

耳鼻咽喉科医が考えるオンライン診療のメリットと今後の展望

昨今、医療領域でも新しい生活様式が求められ、オンライン診療が推進されています。そこで、現在すでにオンライン診療をとり入れて活用なさっているひろしば耳鼻咽喉科の廣芝新也院長にオンライン診療の実情をお伺いしました。

お話しいただいた先生
廣芝 新也 先生 
医療法人顕夢会ひろしば耳鼻咽喉科  院長

コロナ前 コロナ禍

 

新型コロナウイルスで見えてきたオンライン診療の実態

昨今、医療領域でも新しい生活様式が求められ、オンライン診療が推進されています。そこで、現在すでにオンライン診療をとり入れて活用なさっているゆみのハートクリニックの臼井靖博先生にオンライン診療の実情をお伺いしました。

お話しいただいた先生
臼井 靖博 先生 
医療法人社団ゆみのハートクリニック  外来診療部 部長

コロナ前 コロナ禍

 

皮膚科医の考えるオンライン診療導入の意義

昨今、医療領域でも新しい生活様式が求められ、オンライン診療が推進されています。そこで、現在すでにオンライン診療をとり入れて活用なさっているシャルムクリニックの櫻井直樹院長に、オンライン診療の実情をお伺いしました。

お話しいただいた先生
櫻井 直樹 先生 
医療法人社団鐵櫻会 シャルムクリニック(千葉県松戸市)  院長

コロナ前 コロナ禍

 

糖尿病患者さんの治療継続のためにオンライン診療をフル活用

中部ろうさい病院 糖尿病センターでは、2018年8月より糖尿病の患者さんを対象にオンライン診療を開始。仕事や学業を理由に治療が中断されがちな糖尿病患者さんをサポートし、糖尿病の重症化を予防するためにオンライン診療を積極的に取り入れる中島先生に、現状と課題をうかがいました。

お話しいただいた先生
中島 英太郎 先生 
中部ろうさい病院(名古屋市港区) 糖尿病内分泌内科・糖尿病センター部長

コロナ前

 

「診療の継続」のためにオンライン診療を導入

東京で開業して50年になる小野内科診療所では、先代の院長先生が診ていた患者さんが現在も受診し、中には高齢となって通院が難しくなるケースも出てきています。そうした患者さんの通院負担を減らすことを目的にオンライン診療を導入したという同院院長の小野先生に、オンライン診療の効用と課題について、うかがいました。

お話しいただいた先生
小野 卓哉 先生 
医療法人社団桃医会 小野内科診療所(東京都江東区) 理事長・院長

コロナ前

 

オンライン診療を在宅医療にどう取り入れるか

訪問診療における課題の1つを解決する手段として、オンライン診療の活用を考えた――。
そう話す、たろうクリニックの院長 内田直樹先生。今回は、福岡市でオンライン診療を組み合わせた訪問診療を実践する内田先生に、在宅医療におけるオンライン診療の活用とその可能性について、うかがいました。

お話しいただいた先生
内田 直樹 先生 
たろうクリニック(福岡市東区) 院長

コロナ前

 

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。