文字サイズ

オンライン診療の現在

オンライン診療の現在

オンライン診療への関心が高まるなか、全国に先駆けてオンライン診療を取り入れている先生方や、各分野のエキスパートにお話をうかがい、そのメリットや活用方法を探ります。
contents
new

糖尿病患者さんの治療継続のためにオンライン診療をフル活用

中部ろうさい病院 糖尿病センターでは、2018年8月より糖尿病の患者さんを対象にオンライン診療を開始。仕事や学業を理由に治療が中断されがちな糖尿病患者さんをサポートし、糖尿病の重症化を予防するためにオンライン診療を積極的に取り入れる中島先生に、現状と課題をうかがいました。

お話しいただいた先生
中島 英太郎 先生 
中部ろうさい病院(名古屋市港区) 糖尿病内分泌内科・糖尿病センター部長

詳細はこちら

 

「診療の継続」のためにオンライン診療を導入

東京で開業して50年になる小野内科診療所では、先代の院長先生が診ていた患者さんが現在も受診し、中には高齢となって通院が難しくなるケースも出てきています。そうした患者さんの通院負担を減らすことを目的にオンライン診療を導入したという同院院長の小野先生に、オンライン診療の効用と課題について、うかがいました。

お話しいただいた先生
小野 卓哉 先生 
医療法人社団桃医会 小野内科診療所(東京都江東区) 理事長・院長

詳細はこちら

 

オンライン診療を在宅医療にどう取り入れるか

訪問診療における課題の1つを解決する手段として、オンライン診療の活用を考えた――。
そう話す、たろうクリニックの院長 内田直樹先生。今回は、福岡市でオンライン診療を組み合わせた訪問診療を実践する内田先生に、在宅医療におけるオンライン診療の活用とその可能性について、うかがいました。

お話しいただいた先生
内田 直樹 先生 
たろうクリニック(福岡市東区) 院長

詳細はこちら