文字サイズ

プレゼンの達人に学ぶ「伝わるスライド作り」のコツ
プレゼンの達人に学ぶ「伝わるスライド作り」のコツ
広告会社の第一線で活躍している戦略プランナーが、豊富なプレゼン経験をもとに、
「伝わるスライド」の作り方を伝授。ちょっとした手間でグッと分かりやすいスライドにする、ブラッシュアップのコツを、学会や講演に使われる資料などを用いて紹介します。
記事一覧

プレゼンテーションの本質

達人が実践する「伝わるスライド作り」の基本

「プレゼンテーションの本質」とは、言い換えれば「それがなければ、プレゼンがプレゼンとなり得ないもの」といえます。より「伝わるスライド」にするために、おさえておきたいプレゼンの2つの本質について紹介します。

基本の“型”を学ぶ

文字の位置と大きさ、変えるだけでグッと分かりやすくなる!

スライド作りでは、知っておきたい原則がいくつかあります。今回はその基本原則と、ちょっとした工夫で話している内容が、より聴衆に伝わりやすくなるレイアウトの型をご紹介します。

山場スライドのレイアウト

「ジャンプ率」を利用して最も伝えたいことを目立たせる

プレゼン準備では、山場となるスライドを3枚程度選んでおくことが重要です。今回はその「山場スライド」の作り方のポイントについてご紹介します。

今回は、趣向を変えて、実際のスライドを使って、私なりの改善案などを皆さんに紹介したいと思います。

 

実践編① 箇条書きの弱点を克服するポイントは?

 

実践編② 1枚当たりの情報量とページ展開を整理する

 

実践編③ メリハリあるスライドでメッセージを強調しよう

配列と文字数

アイフローを意識して視線のさまよいを防ぐ

スライドのレイアウトは、「Z字型」の原則に則ることがベターです。とはいえ、そのように並べられないことも少なくありません。今回は原則通りに配列できないときに使いたいテクニックの1つをご紹介します。

ボックスと矢印

一目で直感的にわかるスライドを作る

プレゼンテーションに使うスライドは、聴衆に直感的に理解してもらえることが重要です。そのための万能ツールである「ボックス」と「矢印」の使い方をご紹介します。

キーフレーズの「量」と「質」

聴衆の記憶に残るスライド作りのために

今回はプレゼンテーションや講演の中で「一番伝えたいポイント」について、伝わりやすい文字数と、印象に残るフレーズ作りのコツをご紹介します。

「数値」と「グラフ」

使い方の原則を守って分かりやすいスライドに

プレゼンテーションにおいて重要な要素である「数値」と「グラフ」。今回は、これらを正しく上手に表現するコツをご紹介します。

スライド番号

表紙の次ページからスライド番号を表示するには

今回は、いつもと少し趣向を変えて、パワーポイントの「小ワザ」のひとつであるスライド番号(ページ番号)の表示の仕方をご紹介します。

ビジュアル・エイド(ビジュアル素材)

写真やイラストを効果的に使うためには

伝わるスライド作りにおいて、「写真」や「イラスト」はメッセージを印象付けたり、親しみを持ってもらうために大きな役割を果たしています。今回は、その効果的な使い方のポイントをご紹介します。

今回も、第4回に引き続き、先生からお借りした実際のスライドを使って、私なりの改善案などを皆さんに紹介したいと思います。

 

実践編① 全体を把握してもらいやすくするためには?

 

実践編② プレゼンの中での重要箇所を強調するためには?

 

実践編③ いま話しているポイントに聴衆の視線を集めるためには?

箇条書き

インデント設定でより見やすく、書きやすく!

箇条書きにする際に、インデント設定を使われていますか?今回は、箇条書きをより整理された印象にするためのインデントの使い方をご紹介します。

「装飾」と「アニメーション」

使い過ぎは禁物、狙いを絞って!

プレゼンテーションに使うスライドは、書体(フォント)やデザイン、加えてアニメーションによって、印象や効果が大きく変わります。今回は、これらを正しく上手に表現するコツをご紹介します。

NEW

オブジェクトの配置

きちんと整列させる便利な小ワザ

今回は、簡単な操作でスライドの印象が良くなるパワーポイントの「小ワザ」、オブジェクトの整列についてご紹介します。

記事一覧
第1回

プレゼンテーションの本質

達人が実践する「伝わるスライド作り」の基本

「プレゼンテーションの本質」とは、言い換えれば「それがなければ、プレゼンがプレゼンとなり得ないもの」といえます。より「伝わるスライド」にするために、おさえておきたいプレゼンの2つの本質について紹介します。

第2回

基本の“型”を学ぶ

文字の位置と大きさ、変えるだけでグッと分かりやすくなる!

スライド作りでは、知っておきたい原則がいくつかあります。今回はその基本原則と、ちょっとした工夫で話している内容が、より聴衆に伝わりやすくなるレイアウトの型をご紹介します。

第3回

山場スライドのレイアウト

「ジャンプ率」を利用して最も伝えたいことを目立たせる

プレゼン準備では、山場となるスライドを3枚程度選んでおくことが重要です。今回はその「山場スライド」の作り方のポイントについてご紹介します。

第4回

今回は、趣向を変えて、実際のスライドを使って、私なりの改善案などを皆さんに紹介したいと思います。

 

実践編① 箇条書きの弱点を克服するポイントは?

 

実践編② 1枚当たりの情報量とページ展開を整理する

 

実践編③ メリハリあるスライドでメッセージを強調しよう

第5回

配列と文字数

アイフローを意識して視線のさまよいを防ぐ

スライドのレイアウトは、「Z字型」の原則に則ることがベターです。とはいえ、そのように並べられないことも少なくありません。今回は原則通りに配列できないときに使いたいテクニックの1つをご紹介します。

第6回

ボックスと矢印

一目で直感的にわかるスライドを作る

プレゼンテーションに使うスライドは、聴衆に直感的に理解してもらえることが重要です。そのための万能ツールである「ボックス」と「矢印」の使い方をご紹介します。

第7回

キーフレーズの「量」と「質」

聴衆の記憶に残るスライド作りのために

今回はプレゼンテーションや講演の中で「一番伝えたいポイント」について、伝わりやすい文字数と、印象に残るフレーズ作りのコツをご紹介します。

第8回

「数値」と「グラフ」

使い方の原則を守って分かりやすいスライドに

プレゼンテーションにおいて重要な要素である「数値」と「グラフ」。今回は、これらを正しく上手に表現するコツをご紹介します。

第9回

スライド番号

表紙の次ページからスライド番号を表示するには

今回は、いつもと少し趣向を変えて、パワーポイントの「小ワザ」のひとつであるスライド番号(ページ番号)の表示の仕方をご紹介します。

第10回

ビジュアル・エイド(ビジュアル素材)

写真やイラストを効果的に使うためには

伝わるスライド作りにおいて、「写真」や「イラスト」はメッセージを印象付けたり、親しみを持ってもらうために大きな役割を果たしています。今回は、その効果的な使い方のポイントをご紹介します。

第11回

今回も、第4回に引き続き、先生からお借りした実際のスライドを使って、私なりの改善案などを皆さんに紹介したいと思います。

 

実践編① 全体を把握してもらいやすくするためには?

 

実践編② プレゼンの中での重要箇所を強調するためには?

 

実践編③ いま話しているポイントに聴衆の視線を集めるためには?

第12回

箇条書き

インデント設定でより見やすく、書きやすく!

箇条書きにする際に、インデント設定を使われていますか?今回は、箇条書きをより整理された印象にするためのインデントの使い方をご紹介します。

第13回

「装飾」と「アニメーション」

使い過ぎは禁物、狙いを絞って!

プレゼンテーションに使うスライドは、書体(フォント)やデザイン、加えてアニメーションによって、印象や効果が大きく変わります。今回は、これらを正しく上手に表現するコツをご紹介します。

第14回
NEW

オブジェクトの配置

きちんと整列させる便利な小ワザ

今回は、簡単な操作でスライドの印象が良くなるパワーポイントの「小ワザ」、オブジェクトの整列についてご紹介します。

長沢朋哉 氏
講師プロフィール

長沢朋哉 氏

(電通東日本 クリエーティブ・デザイン室 プランニング・ディレクター)

1965年仙台市生まれ。早稲田大学第一文学部出身。現在、広告会社の電通東日本にて戦略プランニングを担当。これまでに行ったプレゼンは大小合わせておそらく500回以上。著書に『新人広告プランナーが入社時に叩き込まれる「プレゼンテーション」基礎講座』(日本実業出版社)、『<新版>世界一シンプルな「戦略」の本』 (PHPビジネス新書)、他がある。