文字サイズ

重く厚い医学書こそ!和書と洋書のおすすめ電子書籍サービス

重い医学書から解放されたいと感じたことはないでしょうか。しかし「電子書籍化された医学書」自体は数多く存在するものの、互換性に欠けます。あちこちで購入し電子書籍が散在すると、管理や閲覧がどんどん面倒になってしまいます。そのため、書籍を快適にIT化するには、長く使えて品揃えが豊富なプラットフォーム選びが重要となります。

  • 日本最大級の医学書アプリ「M2PLUS」

    和書において最も大きな電子医学書プラットフォームといえば、「M2PLUS」です。会員登録後、WEBサイトから電子書籍を購入すれば、専用のアプリで閲覧できます。医学書院の電子書籍を集めたい場合は「医書.jp」アプリをおすすめしますが、そうでない場合はまずM2PLUSを覗いておきたいです。

    M2PLUSで購入した書籍は、タブレットとスマートフォンで閲覧できます。ただし、ブラウザでの閲覧に対応したeBook版がある書籍を除いて、基本的にはパソコンでは利用できないという点は留意しておきましょう。

    M2PLUSでは一般的な固定フォーマットの電子書籍に加え、リフロー版も一部販売しています。後者は、デバイスのモニター幅に合わせて流動的に表示が最適化されます。そのため小さな画面でも読みやすく、後々に書籍内から素早く情報を探し出す際にも貢献してくれるでしょう。

    また、専用のビューアで複数の書籍内からコンテンツの横断検索ができるのもありがたいです。ブックマークやメモといった基本的な機能はもちろん、薬剤名から「今日の治療薬」へリンクが張られています。

  • 洋書の医学書も豊富な「Kindle」

    世界最大手と言っても過言ではないAmazonの「Kindle」は、医学書も非常に豊富に扱っていることに加え、電子書籍サービスとしてのサポート力も高いため、安心して利用できます。本屋で実際に書籍を手に取り開けるように、購入前に本文を閲覧できる医学書があるのも魅力です。図解の多い場合はその限りではありませんが、Kindleの場合、文章主体の書籍は原則としてリフロー版となっています。

    Kindleで購入した書籍は、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、1アカウントにつき最大6台の端末で閲覧が可能です。専用端末「Kindle電子書籍リーダー」では、目を直接照らさないフロントライトが採用されており、長時間の閲覧でも目が疲れにくくなっています。

    また、全文検索やマーカーなどに加え、Kindleにはスムーズな読書に役立つ「読み上げ」や「組み込み辞書」といった機能が充実しています。ただし、機能に対応していない書籍もあるので注意が必要です。

    その他、洋書の医学書に強い電子書籍サービスといえば「Inkling」も有名ですが、こちらはインタラクティブな学習機能が充実していることから、学生や研修医に利用者が多いです。

  • まとめ

    小さな軽い端末の中に、本棚ごと入れて持ち歩ける電子書籍サービス。いつでもどこでも、閲覧したいときにすぐ本を開けるよう、プラットフォームは極力少数に絞り、快適なアクセス環境を整えておきましょう。

SAJP.eMR.20.11.0003
 
本コンテンツを知人に勧める可能性は、どのくらいありますか?