文字サイズ

いまや常識の診察予約システム!低リスクで導入を検討するには?

インターネットで診察予約をできるシステムが医療業界に受け入れられて久しい。しかし、患者が高齢者中心である診療所のケースをはじめ、IT化の恩恵や需要が費用に見合うかどうか確信が持てず、従来の受付方法のみで運営している診療所も多々あるようだ。そこで今回は、診察予約のIT化による利点を再確認すると共に、検討段階でも仮導入が容易なリスクの低い方法についてご紹介する。

  • 診察予約システムで、患者も医師もストレス軽減

    診察予約システムは、インターネットを介して患者側が予約可能な日程や時間を確認し、自ら予約作業を行う。そのため医療機関側では、新規予約やキャンセル、変更、問い合わせなどといった受付対応の負担が減り、システムが問題なく作動している限り予約に関するミスや苦情も軽減される。電子カルテも導入している場合は、もちろんシステム同士の連携を図ることも可能だ。

    その日に診察する患者数の把握や、予定に合わせた診察枠の設定など、医師の業務をマネージメントする上でもIT化の利益は大きい。そのほかにも、ウイルス感染者が詰めかける内科の場合は、待合室の混雑を避けることで院内感染のリスクを軽減できる。プライバシーが重視される婦人科や心療内科では、電話よりも気軽に予約を入れやすく、待合室で多くの人の目に晒されずに済むこともプラスと感じる患者が多いようだ。

    また、インターネットなら時間を問わずいつでも予約の連絡を受け付けられるため、再診率の向上にもつながるという。子育てや仕事で昼間に予約の電話を入れられない人にとっては欠かせないサービスとも言えるだろう。

    さらに、リマインダー機能を含むシステムを導入すると、予約確認メールを患者へ自動で送信できるため、当日キャンセルのリスクを軽減することもできる。

  • 低リスクでシステム導入の検討に取り組む方法

    低コストで簡易システムの導入を希望する場合でも、最終的に大がかりなIT化を検討している場合でも、診察予約システムの手応えを手軽に確認したいときに便利なサービスが存在する。リクルートが開発した予約管理システム「AirRESERVE」だ。

    AirRESERVEは、他の簡易予約システムと比べ、医療機関にとって最も利便性に優れたシステムとして高い評価を得ている。無料プランでも、以下のような最低限欲しい機能を使えるところが魅力といえるだろう。

    • 電話受付や直接受付など、従来の予約方法と併用できるアナログ編集機能
    • 予約変更時の確認メール自動送信
    • 医師や診療室など、リソースに応じた予約枠の設定
    • 各曜日で異なる診療時間、および休診日の設定

    こうした機能を徹底的にカスタマイズし、従業員と患者からのヒアリングを得ながらパフォーマンスの最大化を図りたい。大がかりなシステムの導入についても、その結果を見てから検討することが可能だ。

  • まとめ

    機械にはできない柔軟な対応を求められがちな診療所でも、診察予約システムの需要は必ずある。今後、年を追うごとにウェブ予約を好む世代が社会の中心となり、診察予約システムが標準となってゆくことは間違いないだろう。まずはアナログとITを共存させる低リスクな方法で、正式なシステム導入の是非について検討してみてはいかがだろうか。

SAJP.SA.18.10.2672
 
本コンテンツを知人に勧める可能性は、どのくらいありますか?