文字サイズ

病院での診察や業務の効率アップにつながるスマートフォンやタブレットアプリなど、日常の診療に役立つIT活用術をご紹介いたします。

医師が開発する「治療用アプリ」に期待!2019年発売をめざす

薬や手術などの介入だけでは、対応が難しい病気が存在する。禁煙治療がそのいい例だ。そこで、常に患者の傍にあるスマートデバイスを治療に使うとして、本格的な「治療アプリ®」の開発が進んでいる。

地域包括ケアシステム構築にIT活用!アプリで連携力を最大化

団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、厚生労働省が推進している地域包括ケアシステム。はたしてIT活用でその構築プロセスを円滑にすることはできるのだろうか。秋田県で始まった独自アプリによる取り組み事例をご紹介する。

いまや常識の診察予約システム!低リスクで導入を検討するには?

インターネットで診察予約をできるシステムが医療業界に受け入れられて久しい。しかし、患者が高齢者中心である診療所のケースをはじめ、IT化の恩恵や需要が費用に見合うかどうか確信が持てず、従来の受付方法のみで運営している診療所も多々あるようだ。そこで今回は、診察予約のIT化による利点を再確認すると共に、検討段階でも仮導入が容易なリスクの低い方法についてご紹介する。

業務効率に直結!PDFファイル管理の改善を図る

職場で配布される書類、ガイドライン、論文など、IT化の恩恵で印刷物のペーパーレス化がさまざまなところで進んでいる。しかしその一方で、端末の中にはPDFファイルが溢れ、今度はその管理が必要となって久しい。そこで考えなければならないのが、最も仕事効率の上がる管理方法の選択ではないだろうか。

クラウド型は安全か?診療所向け電子カルテ普及の行方

医療現場でのIT活用度は、電子カルテ導入の有無によって大きく左右される。ただし、導入や維持にかかるコスト問題や、クラウド型のセキュリティーに対する懸念など、障壁はなかなか無くならない。はたして今後、どのような動向が予想されるだろうか?

医療機関のIT化改善ポイント「シフト管理」の選択肢

多くの医師が出入りする病院でも、看護師のシフトを把握する開業医のクリニックでも、シフト管理は負担の大きな業務と言える。個々人が端末を所有している現代では、IT活用によってその労力を大幅に軽減することが可能だが、現在採用しているシフト管理方法は、はたして最善だろうか?

ローカル使用可!医師向け添付文書アプリを比較

医療裁判で判決の行方を左右することもある添付文書。薬を処方する際は神経を尖らせている医師も多く、更新情報も含めて確認する機会は多い。そこで、今回は手元の端末で素早く検索できる環境を整えるため、医師に人気の添付文書検索アプリを2点ご紹介する。

e-MR新規会員登録はこちら