文字サイズ

BMJ

EBM誌とは

EBM誌 紹介のポイント

今月の翻訳論文とEBM解説

観察研究 | Prognosis

調節性胃バンディング術を受ける患者の半数以上は再度の肥満手術が必要かもしれない

Over half of the patients who undergo adjustable gastric banding may require revision bariatric surgery

【背景】

世界的に肥満症とその結果として生じる疾患は驚くほどの割合で増加している 1 。肥満症とその共存症に対する長期的な効果が証明されている唯一の治療は肥満手術である 2 。…

【方法】

前向きに収集が行われた全国データベースの退院報告を検討した。AGBの挿入、除去および交換の症例を診断コードから同定した。…

この論文と解説をみる

コホート研究 | Prognosis

限局性前立腺癌において、根治的前立腺摘除術は放射線療法や積極的監視療法に比べてより性機能障害および尿失禁と関連していた

In localised prostate cancer, radical prostatectomy was associated with more sexual dysfunction and urinary incontinence than radiation or active surveillance

【背景】

前立腺癌(PCa)スクリーニングの普及はPCaによる死亡率を低下させたが過剰診断につながっている。診断後、患者はさまざまな管理のオプションに直面するが、これらの治癒率はしばしば類似しているものの生活の質(QOL)に対する考慮すべきリスクを有する。…

【方法】

CEASARはSurveillance, Epidemiology, and End Resultsプログラムの5つの登録およびCancer of the Prostate Strategic Urologic Research Endeavor登録の患者で構成される前向き縦断的集団ベースのコホート研究である。…

この論文と解説をみる

バックナンバーページへ

ポイントを押さえたオリジナルの要約となっており、短時間でご覧になれます。院内・医局内の勉強会や自己学習でご活用ください。

EBM誌 読み方のポイント

Published by the BMJ Publishing Group. © 2017 by BMJ Publishing Group Ltd. All rights reserved . This material is published and translated by Technomics Inc, with permission of BMJ Publishing Group.
BMJ Publishing Group Ltd takes no responsibility for the accuracy of the translation from the English original and is not liable for any errors which may occur.

本ニュースの無断転載・配布を固く禁じます。正確な情報については原文の英語文をご確認いただき、日本語訳はあくまでも参考としてご利用下さい。また、本邦未承認の効能・効果、用法・用量等の情報が含まれている場合がありますので、ご使用の際には必ず国内製品の添付文書をご参照ください。 (日本語版翻訳:株式会社テクノミック)

ロゴ.BMJ

BMJ(BMJ Publishing Group)は、英国医師会の機関誌「The BMJ」を発刊している世界を代表する医学出版社です。Evidence-based medicineを推進しており、あらゆる医学雑誌からエビデンスレベルの高い研究論文を抜粋し、紹介している「Evidence-Based Medicine」のほか、「Clinical Evidence」や「Best Practice」などのエビデンス集も制作しています。また、50誌以上の専門誌も発刊しています。

EBM BackNumber

2017年11月更新 会員限定

2017年10月更新 会員限定

2017年9月更新 会員限定

2017年8月更新 会員限定

2017年7月更新 会員限定

2017年6月更新 会員限定

2017年5月更新 会員限定

2017年4月更新 会員限定

2017年3月更新 会員限定

2017年2月更新 会員限定