文字サイズ

The LUPUSInformation in Your Hands
診療ガイドライン

膠原病領域に関する各種診療ガイドラインの中から全文ご確認いただけるガイドラインを集めました。ぜひ日々の診療にお役立てください。

書籍「Systemic Lupus Erythematosus <Fifth Edition>」
Systemic Lupus Erythematosus <Fifth Edition>を、Web上でご覧い ただける会員限定コンテンツです。
The LUPUSInformation in Your Hands
SLE疾患活動性の評価指標コンテンツ
SLEDAI、SLE-DAS
SLE疾患活動性の評価に用いるSLEDAI、SLE-DASをWEB上で計算できる会員限定コンテンツです。
Lupus Research Outlook Today
Lupus Research Outlook Today
SLEの海外文献よりSLEに関する最新のエビデンスをお届けします。
症例からみるSLEの初診から確定診断までの経過
  症例からみるSLEの初診から確定診断までの経過
SLEの初診から確定診断までの経過について、さまざまな症例を通してご紹介しています。
実践的SLE診療の How to~ ガイドラインを紐解く ~
全身性エリテマトーデス診療ガイドライン2019の活用ポイントについてご紹介いたします。
実践的SLE診療の How to ~ 患者コミュニケーションから紐解く~
完治が難しい慢性疾患であるSLEにおける、患者コミュニケーションのポイントをご紹介いたします。
Lupus対談シリーズ
SLE診療に関わるスペシャリストの先生方をお招きし、対談形式でお話し頂きました。
The LUPUSInformation in Your Hands
基礎免疫論文サマリー
基礎免疫論文サマリー
免疫研究のエキスパートが厳選した、SLEをはじめとする自己免疫疾患に関連する最新の論文をご紹介します。
The LUPUSInformation in Your Hands
エキスパートインタビュー

各エキスパートの先生方に実臨床の話題を交えながらご解説いただきます。

Web講演会記録集

過去に開催されたWeb講演会の情報を記録集としてご覧いただけます。

座談会記録集
過去に開催された座談会の情報を記録集としてご覧いただけます。
エキスパートからのメッセージ

各領域の専門医による、解説動画を視聴していただける会員限定コンテンツです。

Lupus Research Outlook Today Web限定公開

臨床実践

海外文献よりSLEに関する最新のエビデンスをお届けします

文献選定・監修 慶應義塾大学 名誉教授 竹内 勤 先生

竹内 勤 先生

本ウェブサイトでは、全身性エリテマトーデス(SLE)に関する興味深い論文を紹介しているが、今回より論文数を増やし、毎回4報のサマリーをお届けすることとなった。
今回紹介する1報目は、フィンランドにおけるSLE患者の死亡率を一般集団と比較した論文である。平均余命はSLEの罹患によって短縮し、その要因として心血管疾患(CVD)が示唆されているものの、大規模かつ長期にわたる研究は少ない。本論文では、SLE予後の経時的変遷に関する貴重なデータが提示されている。SLE患者における死亡率増加と診断時の合併症との強い関連が示されており、日常診療では合併症の存在に十分に留意する必要があるといえよう。
2報目は、ダイナミック造影 MRIを用いて定量化した血液脳関門透過性と脳体積や認知機能との関連を検討した論文である。血液脳関門漏出がSLEにおける認知機能障害に関連するという新規性の高い研究であり、新たな治療標的の可能性が示唆される。
3報目は、分子経路解析によるSLEの層別化を目指した意欲的研究である。SLEのプレシジョン・メディシンに向けて患者の層別化は必須であり、その情報に基づいて創薬研究の加速がもたらされると思われる。
4報目は、自己免疫疾患の原因のひとつとされるⅠ型インターフェロンの産生亢進に関する研究である。SLEにおけるⅠ型インターフェロンの主な産生細胞として形質細胞様樹状細胞が注目されてきたが、SLEにおいて同細胞の機能は障害されており、Ⅰ型インターフェロンが非造血細胞性由来であることが示されている。この2つがヒトの自己免疫を特徴づけていると考察しており、ウイルス感染症と対比して解釈すると興味深い。

2000~2015年のフィンランド国内におけるSLE患者死亡率の一般集団との比較

Summary based on article by Elfving P*, et al. Rheumatology (Oxford). 2021 Jan 6: keaa917. [Online ahead of print]

* Department of Medicine, Kuopio University Hospital, Kuopio, Finland

全身性エリテマトーデスにおける血液脳関門透過性と灰白質体積減少および認知機能障害との関連性

Summary based on article by Kamintsky L*, et al. Ann Rheum Dis. 2020; 79(12): 1580-1587.

* Department of Medical Neuroscience, Dalhousie University, Halifax, Nova Scotia, Canada.

標的DNAシーケンシングにより明らかとなった全身性エリテマトーデスに関連する分子経路

Summary based on article by Sandling JK*, et al. Ann Rheum Dis 2021; 80(1): 109-117.

*Department of Medical Sciences, Rheumatology, Uppsala University, Uppsala, Sweden

形質細胞様樹状細胞の機能障害および非造血細胞性Ⅰ型インターフェロンはヒトの自己免疫を特徴づける

Summary based on article by Psarras A*, et al. Nat Commun 2020; 11(1): 6149.

*Leeds Institute of Rheumatic and Musculoskeletal Medicine, University of Leeds, Leeds, UK/National Institute for Health Research (NIHR), Leeds Biomedical Research Centre, Leeds Teaching Hospitals NHS Trust, Leeds, UK/Division of Rheumatology, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, Boston, MA, USA.

注:本文献要旨集は、医療関係者にとって有益な情報を提供するための資材です。2020年9月~2021年1月の間に発表された全身性エリテマトーデスに関連する医学論文の中から監修ドクターが客観的に1報選定し、Springer Healthcareの医学ライターが作成したサマリーです。サノフィ株式会社は論文選定、原稿作成には関与していません。

MAT-JP-2102994-1.0-04/2021

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。