文字サイズ

COVID-19時代の大腸癌治療を考える

COVID-19流行により、がん診療の現場では従来と大きく異なる対応を迫られています。今回、国立がん研究センター中央病院感染症部の岩田 敏 先生と日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科の勝俣 範之 先生に施設での感染対策やがん診療の現状、国内外のエビデンスをご紹介いただきました。

expect_02

講演2 COVID-19におけるがん治療

non member (2020/09)

早い時期からCOVID-19とがんとの関連性が推測されてきましたが、実際にがん患者は、COVID-19にかかりやすいのでしょうか?また、重症化しやすいのでしょうか?講演2ではエビデンスの解説と臨床の参考となる各学会のガイドラインを紹介いただきました。

expect_02

講演1 COVID-19の動向とNCCHの対応

non member (2020/10)

講演1では世界的な流行がみられるCOVID-19の国内の動向、知っておきたい基本知識の解説と国立がん研究センター中央病院での感染予防対策の実際や患者の受け入れ状況についてご紹介いただきました。

≫ ページ上部へ戻る

最終更新日:2020/12/21

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。