文字サイズ

再生不良性貧血の重症度別治療方針

aplasticanemia

NTT東日本関東病院の臼杵 憲祐先生に、再生不良性貧血の重症度別治療方針について、非重症例(Stage1-2)、重症例(Stage3-5)の2回に分けて解説していただきます。

≫ ページ上部へ戻る

1持続性心房細動患者における複合アブレーション手技は、肺静脈隔離術単独 よりも心房細動の再発予防に優ってはいない

22型糖尿病患者に対する降圧療法は死亡率を含めた心血管イベントを改善するが、収縮期血圧130mmHg以下を目標としたさらなる強化療法は脳卒中およびアルブミン尿の低減に関連するものの、心イベントは低減しない

最終更新日:2015/08/28