文字サイズ

がん治療における腫瘍崩壊症候群(TLS)

cancer_tls_00

腫瘍崩壊症候群(TLS)は、治療などにより腫瘍細胞が急速に崩壊することで生じる代謝異常の総称です。がん治療におけるTLSについて、「発症リスクと管理」、「高尿酸血症の対応の実際」の2回にわけて、山梨大学医学部 血液・腫瘍内科 教授の桐戸 敬太 先生に解説していただきます。

cancer_tls_01

pdf がん治療における腫瘍崩壊症候群(TLS) -発症リスクと管理-

non member (2015/10)

腫瘍崩壊症候群の病態および定義、予防的措置の重要性やリスク評価の課題について解説していただきます。

cancer_tls_02

pdf がん治療における腫瘍崩壊症候群(TLS) -高尿酸血症の対応の実際-

non member (2015/10)

腫瘍崩壊症候群の対応について、主に高尿酸血症に対する予防と、ラスリテックの本邦での使用成績調査の結果を解説していただきます。

≫ ページ上部へ戻る

最終更新日:2016/07/28