文字サイズ

「LDL-C低下療法最前線2018」

commentary_00

冠動脈疾患の発症や予防に関わる急性冠症候群、家族性⾼コレステロール⾎症、糖尿病の各疾患について、LDL-C管理の重要性と脂質低下療法を、エビデンスと治療に関する最新情報を交えながら解説します。

neurosurgery_01

Vol.3 CAD + FH編

non member (2018/05)

家族性高コレステロール血症(FH)は早期の発見・治療が重要な疾患であるにもかかわらず、診断されていない患者が非常に多いとされています。
今回は、FH患者の早期の診断と治療の重要性について、東邦大学医療センター大橋病院の中村 正人 先生にご解説いただきます。

neurosurgery_01

Vol.2 CAD + DM + Other risk編

non member (2018/05)

冠動脈疾患二次予防患者において、糖尿病の合併は大きな心血管リスクとなることが知られています。日本人患者における糖尿病リスクの現状と、糖尿病合併時の脂質コントロールの重要性について、順天堂大学医学部の宮内 克己 先生にご解説いただきます。

neurosurgery_01

Vol.1 ACS編

non member (2018/03)

急性冠症候群(ACS)における二次予防の重要なポイントであるACS発症後の治療について、"too little, too late"と言われる日本の脂質管理の現状と、ACS後の脂質コントロールの重要性について、日本人のエビデンスを中心に、帝京大学医学部の上妻 謙 先生にご解説いただきます。

≫ ページ上部へ戻る

最終更新日:2016/09/29