文字サイズ

Series Plavix10年の軌跡

10th_00

本シリーズでは、アテローム血栓症治療のエキスパート10名にご登場いただき、プラビックスの日本人におけるさまざまなエビデンスをご解説いただきます。

10th_01

mark-movie 第1回 内山 真一郎 先生 「Reach Registry」

mark-member (2016/09)

第1回は、国際医療福祉大学 臨床医学研究センターの内山 真一郎 先生に、Reach Registryにおける日本人患者集団の成績についてご解説いただきます。

10th_02

mark-movie 第2回 棚橋 紀夫 先生「COMPASS試験の概要」

mark-member (2016/09)

第2回は、埼玉医科大学国際医療センターの棚橋 紀夫 先生に、脳梗塞患者を対象としたプラビックスの市販後臨床試験「COMPASS試験」の概要をご説明いただきます。

10th_03

mark-movie 第3回 伊藤 義彰 先生 「脳卒中治療ガイドライン2015」

mark-member (2016/09)

第3回は、大阪市立大学大学院の伊藤 義彰 先生に「脳卒中治療ガイドライン2015」についてご解説いただきます。

10th_04

mark-movie 第4回 鈴木 則宏 先生 「EVEREST Registry」

mark-member (2016/10)

第4回は、慶應義塾大学医学部の鈴木 則宏 先生に、「EVEREST Registry」についてご解説いただきます。

10th_04

mark-movie 第5回 内山 真一郎 先生 「国内第Ⅲ相臨床試験」

mark-member (2016/12)

第5回は、国際医療福祉大学の内山 真一郎 先生に、国内第Ⅲ相臨床試験についてご解説いただきます。

10th_04

mark-movie 第6回 一色 高明 先生「CLEAN試験」

mark-member (2016/12)

第6回は、上尾中央総合病院の一色高明先生に、CLEAN試験についてご解説いただきます。

10th_04

mark-movie 第7回 阿古 潤哉 先生「J-PLACE試験」

mark-member (2017/02)

第7回は、北里大学医学部の阿古潤哉先生にJ-PLACE試験についてご解説いただきます。

10th_04

mark-movie 第8回 中村正人先生「J-AMI Registry」

mark-member (2017/02)

第8回は、東邦大学医療センター大橋病院の中村 正人 先生にJ-AMI Registryについてご解説いただきます。

10th_04

mark-movie 第9回 重松 宏 先生「COOPER試験」

mark-member (2017/02)

第9回は、国際医療福祉大学の重松 宏 先生にCOOPER試験についてご解説いただきます。

10th_04

mark-movie 第10回 重松 邦広 先生「J-CLOP試験」

mark-member (2017/03)

第10回は、国際医療福祉大学三田病院の重松 邦広 先生にJ-CLOP試験についてご解説いただきます。

≫ ページ上部へ戻る

1持続性心房細動患者における複合アブレーション手技は、肺静脈隔離術単独 よりも心房細動の再発予防に優ってはいない

22型糖尿病患者に対する降圧療法は死亡率を含めた心血管イベントを改善するが、収縮期血圧130mmHg以下を目標としたさらなる強化療法は脳卒中およびアルブミン尿の低減に関連するものの、心イベントは低減しない

最終更新日:2016/10/11