文字サイズ

見逃さない!日常診療のPAD

plv_daily_pad

本シリーズは、末梢動脈疾患(PAD)の日常診療におけるポイントについて、各回ご登壇される先生方に解りやすく解説いただくシリーズになります。

plv_daily_pad01

pdf 日常診療のPAD 第1回 総論1

non member (2013/03)

第1回では、総論としてPADの病態、PADの症候分類、PADの有病率について解説いただいています。

plv_daily_pad02

pdf 日常診療のPAD_第2回 総論2

non member (2013/11)

第2回では、総論2としてPADの転帰、PAD発症のリスクファクター、PAD診療の意義について解説いただいています。

plv_daily_pad03

pdf 日常診療のPAD_第3回 間歇性跛行

non member (2013/12)

第3回では、厚生連高岡病院の鳥畠 康充 先生に間歇性跛行について解りやすく解説いただいています。

plv_daily_pad04

pdf 日常診療のPAD_第4回 間歇性跛行2

non member (2016/03)

第4回では、引き続き、厚生連高岡病院の鳥畠 康充 先生をお招きし、間歇性跛行について解りやすく解説いただいています。

plv_daily_pad05

pdf 日常診断のPAD_第5回 血行再建術1

non member (2016/04)

第5回では、旭川医科大学の東 信良 先生をお招きし、血行再建術について解りやすく解説いただいています。

plv_daily_pad06

pdf 日常診断のPAD_第6回 血行再建術2

non member (2016/05)

第6回では、関西ろうさい病院の飯田 修 先生をお招きし、血行再建術について解説いただいています。

plv_daily_pad07

pdf 日常診断のPAD_第7回 無症候性1

non member (2016/06)

第7回では、信州大学の池田 宇一 先生をお招きし、無症候性について解りやすく解説いただいています。

plv_daily_pad08

pdf 日常診断のPAD_第8回 無症候性2

non member (2016/07)

第8回では、引き続き、信州大学の池田 宇一 先生をお招きし、無症候性についてわかりやすく解説いただいています。

≫ ページ上部へ戻る

1持続性心房細動患者における複合アブレーション手技は、肺静脈隔離術単独 よりも心房細動の再発予防に優ってはいない

22型糖尿病患者に対する降圧療法は死亡率を含めた心血管イベントを改善するが、収縮期血圧130mmHg以下を目標としたさらなる強化療法は脳卒中およびアルブミン尿の低減に関連するものの、心イベントは低減しない

最終更新日:2016/10/11