文字サイズ

ATIS Meet the Experts (全身血管性としての治療) Part2 (2018/4/9~)

neurology_seminar_00

このコンテンツでは、脳卒中治療に関する最新の話題や、臨床に役立つ話題をシリーズでお届けします。

mark-movie PCIと出血について考える

mark-member (2020/05)

薬剤溶出性ステントの登場により、ベアメタルステントの問題点であった再狭窄率は劇的に減少している一方で、抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)の普及によって致死的となりうるステント血栓症も減少しています。しかし、DAPTには出血のリスクが伴い、出血は急性期、慢性期ともに重要な予後規定因子となりうるため、十分留意する必要があります。また、PCI患者に少なくない「隠れ貧血」の存在も念頭に置くことが求められます。抗血小板薬の選択も含めた治療戦略を足利赤十字病院循環器内科の沼澤 洋平 先生にご解説いただきます。

mark-movie Innovation in CLI Treatment ~最新のCLIに対する治療~

mark-member (2019/02)

重症下肢虚血(CLI)に対する治療は、ここ10数年で大きく様変わりしました。BASIL、CRITISCHなどの臨床試験結果や、SSP(skin perfusion pressure)、WIFI分類などの普及を背景に治療戦略は変化してきており、DES、ステントグラフト、DCBなどのデバイスも進歩しています。また、日本から発信されたPriority、SPINACHという2つの臨床試験の結果も、最適な治療を行うための重要な知見となっています。CLI治療に関する最新のトピックスを、関西ろうさい病院 循環器内科の飯田 修 先生にご解説いただきます。

mark-movie The Optimal Solution for SFA Treatment with new generation drug-eluting stent

mark-member (2019/02)

治療の適応は広がっており、またデバイスの改善に伴って治療成績が向上しています。これまでは施行後の再狭窄、ステント血栓症などが実臨床で問題となることがありましたが、ポリマーの改良、溶出薬剤の量や期間を改善したデバイスが開発中で、今後の実臨床での応用が期待されます。大腿膝窩領域における血管内治療のエビデンスを振り返るとともに、新たなデバイスへの期待を、関西ろうさい病院 循環器内科の飯田 修 先生にご解説いただきます。

mark-movie 抗血小板療法の費用対効果の事例

mark-member (2018/12)

医療費の増大は近年の課題だが、同じ費用をかけるのであれば成果は大きい方が経済的価値は高まります。また、医療の価値を網羅的に論じるためには、経済的側面だけでなく患者の期待や満足を定量的に評価することも必要です。最近は、QALY(質調整生存年)が指標として用いられ、そうした評価に基づいて診療報酬の価格調整も行われるようになってきました。医療経済学に関する最新の考え方に加え、抗血小板療法やDAPTの費用対効果分析などの話題を、東京大学大学院 医学系研究科 医療経済政策学講座 教授の田倉 智之 先生にご解説いただきます。

mark-movie 医療経済学の主な意義と基本概念

mark-member (2018/11)

高齢社会の到来と治療技術の高度化などの要因により医療費は増大しており、その増大率はGDPの成長率をはるかに上回っています。人口構成や実体経済、医療費単価などの変化によって負担と給付のバランスが崩れることは将来の課題であり、介入数の最適化、治療効率の向上、再入院の低減、長期成績の向上などによって、限られた医療資源の有効活用を図ることが求められます。今後、医療における費用対効果をどう評価していけばよいのか。その基本概念を、東京大学大学院 医学系研究科 医療経済政策学講座 教授の田倉 智之 先生にご解説いただきます。

≫ ページ上部へ戻る

最終更新日:2020/09/09