文字サイズ

血清群W135の侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD)患者の継続的増加を受け、4価髄膜炎菌ワクチンによる対策を実施 オランダの例 2015~2017年における血清群W135(Clonal complex11)のIMD患者の割合は94%に上りました。

   
 

● 血清群W135のIMD患者数の推移 〔2010~2017年〕

血清群W135のIMD患者数の推移 〔2010~2017年〕

Knol MJ, et al.:Euro Surveill 23(16):1-5, 2018より改変



血清群W135のIMDは、「5歳未満」および「15~24歳」で多くみられました。

 
 

● 年齢層別にみた血清群W135のIMDの罹患率(人口10万対)〔2015~2017年〕

年齢層別にみた血清群W135のIMDの罹患率(人口10万対)〔2015~2017年〕

Knol MJ, et al.:Euro Surveill 23(16):1-5, 2018



血清群W135のIMDは、血清群Bに比べ高い死亡率を示しました。

 
 

● 血清群Bおよび血清群W135のIMDの死亡率〔2015~2017年〕

血清群Bおよび血清群W135のIMDの死亡率〔2015~2017年〕

Knol MJ, et al.:Euro Surveill 23(16):1-5, 2018より作図



2018年、乳児、13~14歳を対象に4価髄膜炎菌ワクチン接種が実施されます。

 
 

● 4価髄膜炎菌ワクチンによる対策

4価髄膜炎菌ワクチンによる対策

Knol MJ, et al.:Euro Surveill 23(16):1-5, 2018

 
 
 
SPJP.MENAC.18.08.0137

血清群W135の侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD)患者の継続的増加を受け、4価髄膜炎菌ワクチンによる対策を実施 オランダの例 2015~2017年における血清群W135(Clonal complex11)のIMD患者の割合は94%に上りました。

   
 

● 血清群W135のIMD患者数の推移
〔2010~2017年:157例〕

血清群W135のIMD患者数の推移 〔2010~2017年:157例〕

Knol MJ, et al.:Euro Surveill 23(16):1-5, 2018より改変


血清群W135のIMDは、「5歳未満」および「15~24歳」で多くみられました。
 
 

● 年齢層別にみた血清群W135のIMDの罹患率(人口10万対)〔2015~2017年〕

年齢層別にみた血清群W135のIMDの罹患率<br>(人口10万対)〔2015~2017年〕

Knol MJ, et al.:Euro Surveill 23(16):1-5, 2018


血清群W135のIMDは、血清群Bに比べ高い死亡率を示しました。
 
 

● 血清群Bおよび血清群W135のIMDの死亡率
〔2015~2017年〕

血清群Bおよび血清群W135のIMDの死亡率〔2015~2017年〕

Knol MJ, et al.:Euro Surveill 23(16):1-5, 2018より作図


2018年、乳児、13~14歳を対象に4価髄膜炎菌ワクチン接種が実施されます。
 
 

● 4価髄膜炎菌ワクチンによる対策

4価髄膜炎菌ワクチンによる対策

Knol MJ, et al.:Euro Surveill 23(16):1-5, 2018

 
 
 
SPJP.MENAC.18.08.0138