文字サイズ

海外におけるIMD発症状況とその対策 オーストラリアの例 オーストラリアでは、2013年から2017年にかけて血清群W髄膜炎菌によるIMDが急増し、強毒性のST-11が多く認められました

血清群W髄膜炎菌によるIMD症例は、2013年から2017年にかけて急増しました。

● IMDの血清群別症例数および罹患率の推移(2002~2019年)

IMDの血清群別症例数および罹患率の推移(2002~2016年)

Australian Government, Department of Health, Invasive Meningococcal Disease National Surveillance Report – 1 January to 30 June 2019 –
(2021年6月24日アクセス:https://www1.health.gov.au/internet/main/publishing.nsf/Content/5FEABC4B495BDEC1CA25807D001327FA/$File/IMD-surveil-report-Jan-June-2019.pdf)


血清群W髄膜炎菌の81%が強毒性の遺伝子型ST-11でした 血清群W髄膜炎菌における遺伝子型(2015年)
2015年、血清群W髄膜炎菌によるIMD症例34例のうち、
遺伝子型を解析した25例の81%が強毒性のST-11でした。

Australian Government, Department of Health, Australian Meningococcal Surveillance Programme, 1 July to 30 September 2016
(2017年6月14日アクセス:http://www.health.gov.au/internet/main/publishing.nsf/Content/cda-cdi4004r.htm)より作図


対策 西オーストラリア州では、4価髄膜炎菌ワクチンの単回接種を無料で実施しました

● 西オーストラリア州における血清群Wアウトブレイクへの対応

西オーストラリア州における血清群Wアウトブレイクへの対応

1) Government of Western Australia, Department of Health, Kalgoorlie targeted Men W vaccination program, 8 December 2016
(2017年6月14日アクセス:http://healthywa.wa.gov.au/News/Meningococcal-W-vaccination)

2) Government of Western Australia, Department of Health, Free meningococcal vaccines for WA teenagers, 30 January 2017
(2017年6月14日アクセス:http://healthywa.wa.gov.au/News/Free-meningococcal-vaccines-for-WA-teenagers)

IMDの症例数は、2017年をピークに減少しました。また、2018年7月に4価髄膜炎菌ワクチンの定期接種が開始されました

● IMDの症例数(2016~2020年)

IMDの症例数(2016~2020年)

National Notifiable Diseases Surveillance System, Summary tables for selected single disease
(2021年1月18日アクセス:http://www9.health.gov.au/cda/source/cda-index.cfm)より作図

 
MAT-JP-2106514-1.0-09/2021

海外におけるIMD発症状況とその対策 オーストラリアの例 オーストラリアでは、2013年から2017年にかけて血清群W髄膜炎菌によるIMDが急増し、強毒性のST-11が多く認められました

  血清群W髄膜炎菌によるIMD症例は、2013年から2017年にかけて急増しました。  
 

● IMDの血清群別症例数および罹患率の推移(2002~2019年)

IMDの血清群別症例数および罹患率の推移(2002~2016年)

Australian Government, Department of Health, Invasive Meningococcal Disease National Surveillance Report – 1 January to 30 June 2019 –
(2021年6月24日アクセス:https://www1.health.gov.au/internet/main/publishing.nsf/Content/5FEABC4B495BDEC1CA25807D001327FA/$File/IMD-surveil-report-Jan-June-2019.pdf)


血清群W髄膜炎菌の81%が強毒性の遺伝子型ST-11でした
2015年、血清群W髄膜炎菌によるIMD症例34例のうち、遺伝子型を解析した25例の81%が強毒性のST-11でした。
 
 

● 血清群W髄膜炎菌における遺伝子型(2015年)

IMDの血清群別症例数および罹患率の推移(2002~2016年)

Australian Government, Department of Health, Australian Meningococcal Surveillance Programme, 1 July to 30 September 2016 (2017年6月14日アクセス:http://www.health.gov.au/internet/main/ publishing.nsf/Content/cda-cdi4004r.htm)より作図


対策 西オーストラリア州では、
4価髄膜炎菌ワクチンの
単回接種を無料で実施しました

● 西オーストラリア州における血清群Wアウトブレイクへの対応

西オーストラリア州における血清群Wアウトブレイクへの対応

1) Government of Western Australia, Department of Health, Kalgoorlie targeted Men W vaccination program, 8 December 2016(2017年6月14日アクセス:http://healthywa.wa.gov.au/News/Meningococcal-W-vaccination)

2) Government of Western Australia, Department of Health, Free meningococcal vaccines for WA teenagers, 30 January 2017(2017年6月14日アクセス:http://healthywa.wa.gov.au/News/Free-meningococcal-vaccines-for-WA-teenagers)

 
 

IMDの症例数は、2017年をピークに減少しました。また、2018年7月に4価髄膜炎菌ワクチンの定期接種が開始されました

 
 

● IMDの症例数(2016~2020年)

IMDの症例数(2016~2020年)

National Notifiable Diseases Surveillance System, Summary tables for selected single disease
(2021年1月18日アクセス:http://www9.health.gov.au/cda/source/cda-index.cfm)より作図

 
 
 
MAT-JP-2106514-1.0-09/2021

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。