文字サイズ

あなたの回答
  1. 作用時間が持続する
  2. RCT/RWE・日本人データで一貫したエビデンスを有する
  3. 血糖のばらつきが少ない
  4. 低血糖発現リスクが少ない
  5. ピークの無い平坦な作用プロファイルを有する
  6. デバイスが使いやすい
  7. 投与時間に柔軟性がある
  8. 用量調節がしやすい
  9. 空腹時血糖値の低下作用が強い
あなたにぴったりの動画
基礎インスリン製剤の導入初期であるタイトレーション期間は、低血糖発現リスクも高く、治療中断などへつながる可能性があります。医療従事者そして患者さんが求める基礎インスリン製剤導入のあるべき姿についてご紹介しています。
近年、Treat To Targetを達成するための懸念点の一つに、Clinical Inertia「治療の強化がなされるべき時に、最適な治療がなされないこと」という言葉が国内外の学会で取り上げられる機会が増えております。医療従事者サイドのClinical Inertiaとは何か、についてご紹介しています。
基礎インスリン製剤の導入初期であるタイトレーション期間の重要性はご周知の通りです。エビデンスをベースに現在活用可能な基礎インスリン製剤においてどの薬剤が選択されるべきなのかについてご紹介しています。
あなたの選んだ偉人
徳川家康
200年以上続いた江戸幕府をつくる
戦国時代に終止符を打ち、江戸幕府を開府し征夷大将軍となった武将。礎を築いた江戸幕府を中心とする統治体制は後に称され200年以上続く江戸時代を画した。
曹操孟徳
中国三国時代の英雄、魏を興した
後漢末期の武将・政治家・詩人・兵法家としても業績を残した。行為の宦官、中常侍大長秋曹騰の養子で家柄よし。実践は言うまでもなく何でもできる天才的な英雄。
諸葛孔明
魏・呉・蜀による三国鼎立
当時流浪を続けていた劉備に「天下三分の計」を授けた人。天才軍師として有名だが、呉との同盟を成立させて赤壁において魏の大軍に当たらしめた外交的、政略的手腕には確かなものがあったと言え、その能力が三国が拮抗しながらも安定する時代を生み出したと言える。
加藤清正
治水でリスク回避
肥後(熊本県)は長らく多数の国衆が群雄割拠した状態でまとまりが無く、大規模な国づくりがなされていませんでした。特に白川、緑川、菊池川といった大河川が多いのに河川整備は手つかずの状況で、大雨による河川の氾濫が頻発し領民は苦しんでいました。清正は入国後大がかりな領地整備に着手します。新しく熊本城を築城し、城下町の防御及び洪水被害から守るため、坪井川と白川を切り離すなど大幅な改修を行いました。
上杉謙信
冷静沈着
戦国時代でも屈指の戦上手とされ、その神懸った戦績から後世、軍神と称された。内乱続きであった越後国を統一し、戦や政だけではなく、産業を振興して国を繁栄させた。
水野忠邦
要領が良い行動派
忠邦は幕閣として昇進する事を強く望み、多額の費用を使って奏者番となる。奏者番以上の昇格を望んだが、唐津藩が長崎警備の任務を負うことから昇格に障害が生じると知るや、家臣の諫言を押し切って浜松藩への転封を自ら願い出て実現させ幕府の重臣となった。
孫武
柔軟な思想を持った中国兵法の大家
中国古代・春秋時代の武将・軍事思想家。兵法書『孫子』の作者とされている兵家の代表的人物。「戦わずして勝つ」という戦略思想、戦闘の防勢主義と短期決戦主義、またスパイの重要視など、軍事研究において戦略や戦術、情報戦など幅広い領域で業績を顕し、ベイジル・リデル=ハート、毛沢東など、現代の軍事研究者、軍事指導者にも重要な思想的影響を与えた。その軍事思想は航空技術や核兵器など、古代に想定できなかった軍事技術の発展した数千年後の現代においても有効性を失わず、今なお研究対象とされている。
黒田官兵衛
軍師、柔軟な発想力
本能寺の変を知るやいなや、信長の死が毛利に知られる前に、毛利家と戦を停戦し、京まで軍勢を引き返す、いわゆる「中国大返し」を秀吉に進言。
武田信玄
兵糧の工夫がうまかった
信玄が干飯に代わって兵糧としたのが「ほうとう」だ。「ほうとう」はいわゆる乾麺で、鍋と水、そして味噌があれば煮込むだけだった。出向いた戦地で入手した野菜や肉をいっしょに煮込むことで、干飯よりもボリュームが出て栄養も補充できたのだ。さらに、味噌による保温効果もあって、厳しい冬の戦場では兵士たちの暖をとることにも役立ったはずだ。今でも甲府では、この「ほうとう」を郷土料理として振る舞っており、全国にも市の名を知らしめている。