文字サイズ

結果発表。あなたの回答 結果発表。あなたの回答
A
初動が大事。タイトレーション期間が重要だ。
B
油断禁物。メンテナンス期間が重要だ。
A
柔軟性が大事。より安全にTTTできる薬剤。
B
効果を重視。血糖低下作用が強い薬剤。
A
計測が大事。積極的にインスリンをタイトレーションしていきたい。
B
慎重に。TTTのためとはいえ、インスリンを増やすことに懸念がある。
あなたにぴったりの動画はこちら あなたにぴったりの動画はこちら
近年、Treat To Targetを達成するための懸念点の一つに、Clinical Inertia「治療の強化がなされるべき時に、最適な治療がなされないこと」という言葉が国内外の学会で取り上げられる機会が増えております。医療従事者サイドのClinical Inertiaとは何か、についてご紹介しています。 基礎インスリン製剤の導入初期であるタイトレーション期間の重要性はご周知の通りです。エビデンスをベースに現在活用可能な基礎インスリン製剤においてどの薬剤が選択されるべきなのかについてご紹介しています。 基礎インスリン製剤の導入初期であるタイトレーション期間は、低血糖発現リスクも高く、治療中断などへつながる可能性があります。
医療従事者そして患者さんが求める基礎インスリン製剤導入のあるべき姿についてご紹介しています。
あなたが選んだ偉人 あなたが選んだ偉人

豊臣 秀吉
戦いの最中、君主織田信長の自害を知ると、速やかに講和を取りまとめ、200kmの距離を10日で移動。大胆な決断が功を奏し、明智軍を打ち破る。

織田 信長
味が濃いものを好んで食していたことから、「飲水病」(現在の糖尿病)にかかっていたという記録がある。

牛若丸
敵陣を裏山から攻撃する「鵯越の逆落とし」に代表されるように、環境の厳しさを逆手にとった柔軟な作戦で名を馳せた戦巧者。

弁慶
怪力無双を試すべく、京で1,000本の刀を奪おうと決意。1,000本目を懸けた決闘で牛若丸と対峙し、敗北。忠臣として生涯を源義経(牛若丸)に捧げた。

伊能 忠敬
55歳を過ぎてから17年間、毎日40kmを自分の足で歩いて地道に測量を行う。日本で初めて「実測」による精巧な日本地図を作製した。

徳川 秀忠
武家たちに『守らなくてはいけない、してはいけないこと』を示した法令「武家諸法度」を発布。これにより大名の権限は大幅に制限された。

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。