文字サイズ

製品関連のよくあるご質問と回答

製剤

  • Q
  • 貯法は?

A.

冷蔵庫内に保存せず、15~30℃で保存すること。

※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅹ.管理的事項に関する項目「3.包装状態での貯法」

特定の背景を有する患者

  • Q
  • 小児等への投与は?

A.

9.7 小児等
小児等を対象とした臨床試験は実施していない。

※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅷ.安全性(使用上の注意等)に関する項目「6. 特定の背景を有する患者に関する注意(7)小児等」 
  • Q
  • 高齢者への投与は?

A.

9.8 高齢者
副作用の発現に注意すること。海外第Ⅲ相臨床試験において、65歳以上の患者では、それ以外の患者に比べ疲労、好中球減少症、無力症、発熱、浮動性めまい、尿路感染、脱水等の副作用が、またGrade3以上では好中球減少症及び発熱性好中球減少症等の副作用が多く認められた。国内第Ⅰ相臨床試験において、65歳以上の患者では、それ以外の患者に比べ末梢性浮腫、嘔吐、腹部膨満等の副作用が、またGrade3以上では悪心、発熱性好中球減少症、血小板減少症、食欲減退等の副作用が多く認められた。[8.1、11.1.1参照]

<解説>
9.8 国内外の臨床試験において、65歳未満の患者に比べて65歳以上の患者で多く認められた副作用を記載した。高齢者に本剤を投与する際は、特にこれらの副作用の発現に注意すること。

※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅷ.安全性(使用上の注意等)に関する項目「6. 特定の背景を有する患者に関する注意(8)高齢者」 
  • Q
  • 肝機能障害患者への投与は?

A.

肝機能障害を有する患者への投与は、禁忌です1)
2. 禁忌(次の患者には投与しないこと)
2.4 肝機能障害を有する患者 [1.、9.3、17.1.2 参照]

9. 特定の背景を有する患者に関する注意
9.3 肝機能障害患者
投与しないこと。本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。肝機能障害を有する患者に本剤を投与した場合、好中球減少症、敗血症等による死亡例を含む重篤な副作用の発現や副作用の増悪が認められている。[1.、2.4、17.1.2参照]

<解説>1)
本剤は主に肝臓で代謝されるため、このような患者では本剤の血中濃度が上昇し副作用が強くあらわれるおそれがある。なお、国内第Ⅰ相臨床試験及び海外第Ⅲ相臨床試験において肝機能障害のある患者は除外されていたため、このような患者での使用経験は限られているが、海外では、このような患者で好中球減少症、敗血症等による死亡例を含む重篤な副作用の発現や副作用の増悪が報告されている。

<参考>
海外第Ⅲ相臨床試験における除外基準を以下に示す。
・総ビリルビンが各施設基準値上限以上
・ALT/ASTが各施設基準値上限の1.5倍以上

8. 重要な基本的注意2)
8.5 肝不全、肝機能障害があらわれることがあるので、本剤投与中は肝機能検査の実施等、観察を十分に行うこと。[11.1.10参照]

11.1 重大な副作用3)
11.1.10 肝不全(頻度不明)、肝機能障害(頻度不明)[8.5参照]

※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅷ.安全性に関する項目「2.禁忌内容とその理由」
2)インタビューフォームⅧ.安全性に関する項目「5.重要な基本的注意とその理由」
3)インタビューフォームⅧ.安全性に関する項目「8.副作用」
  • Q
  • 腎機能障害患者への投与は?

A.

カバジタキセルの腎臓からの排泄は少ない(投与量の2.3%)。外国人固形腫瘍患者における母集団薬物動態解析(170例)で、軽度の腎障害患者(CLcr:50~80mL/min、59例)から中等度の腎障害患者(CLcr:30~50mL/min、14例)では腎機能正常患者と比べ薬物動態に大きな影響はみられなかった。
また、程度の異なる腎障害を有する外国人固形腫瘍患者(腎機能正常患者(CLcr:>80mL/min/1.73m2、8例)、中等度の腎障害患者(CLcr:30~50mL/min/1.73m2、8例)ならびに重度の腎障害患者(CLcr:<30mL/min/1.73m2、8例))を対象に、本剤を25mg/m2まで複数サイクル投与した薬物動態試験における本剤のクリアランスはそれぞれ33.5L/h/m2、28.9L/h/m2及び29.6L/h/m2であった。なお、末期腎障害患者(CLcr:<15mL/min/1.73m2)における十分なデータは得られていない1)

<参考>
11.1 重大な副作用2)
11.1.2 腎不全(1.0%)…腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがある。[8.3参照]

※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅶ.薬物動態に関する項目「10.特定の背景を有する患者」
2) Ⅷ.安全性に関する項目「8.副作用」

治療

  • Q
  • 効能又は効果は?

A.

前立腺癌
<効能又は効果に関連する注意>
5.1 本剤は外科的又は内科的去勢術を行い、進行又は再発が確認された患者を対象とすること。
5.2 本剤の化学療法未治療の前立腺癌における有効性及び安全性は確立していない。
5.3 【17.臨床成績】の項の内容を熟知し、本剤の有効性及び安全性を十分に理解した上で適応患者の選択を行うこと。

<解説>
5.1、5.2 本剤の有効性及び安全性が確認された国内第Ⅰ相臨床試験及び海外第Ⅲ相臨床試験の対象患者は、外科的又は内科的去勢術を行い、ドセタキセルによる治療歴があり、進行又は再発が確認された前立腺癌患者であり、それ以外の患者での有効性及び安全性が確立されていないことから設定した。
5.3 本剤の添付文書の「17.臨床成績」の項に、国内第Ⅰ相臨床試験及び海外第Ⅲ相臨床試験の概要を記載している。本剤の投与を行うにあたっては、これらの内容を十分に理解した上で、患者を選択することが重要であるため設定した。
※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅴ.治療に関する項目「1.効能又は効果」「2.効能又は効果に関連する注意」
  • Q
  • 用法及び用量は?

A.

プレドニゾロンとの併用において、通常、成人に1日1回、カバジタキセルとして25mg/m2(体表面積)を1時間かけて3週間間隔で点滴静注する。なお、患者の状態により適宜減量すること。

〈用法及び用量に関連する注意〉
7.1 プレドニゾロンの投与に際しては、【17.臨床成績】の項の内容を熟知し、投与すること。
7.2 本剤投与時にあらわれることがある過敏反応を軽減させるために、本剤投与の30分前までに、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ホルモン剤、H2受容体拮抗剤等の前投与を行うこと。[8.2参照]
7.3 他の抗悪性腫瘍剤との併用における有効性及び安全性は確立していない。
7.4 本剤投与により副作用が発現した場合には、以下の基準を参考に、本剤を減量又は休薬すること。減量後もこれらの副作用があらわれる場合は投与中止を考慮すること。

本剤の減量・休薬・中止基準


<解説>
7.1 国内外の臨床試験では、本剤による治療期間中、プレドニゾロン又はプレドニゾン※を併用している。※:国内未承認

<参考> 臨床試験におけるプレドニゾロン又はプレドニゾンの用法及び用量
国内第Ⅰ相臨床試験:プレドニゾロン10mg/日(5mgを2回又は10mgを1回)経口投与
海外第Ⅲ相臨床試験:プレドニゾン※又はプレドニゾロン10mg/日(投与回数の規定なし)経口投与
※:国内未承認

7.2 国内外の臨床試験では、過敏反応等を軽減させる目的で、これらの前投薬を実施している。

<参考> 国内第Ⅰ相臨床試験における前投与薬剤
前投与として以下を本剤投与30分前までに静脈内投与で実施する:
・抗ヒスタミン剤(クロルフェニラミンマレイン酸塩5mg、ジフェンヒドラミン25mg又は他の抗ヒスタミン剤)
・副腎皮質ホルモン剤(デキサメタゾン8mg又は同等の副腎皮質ホルモン剤)
・H2受容体拮抗剤(シメチジンを除く、ラニチジン塩酸塩や他のH2受容体拮抗剤)

7.3 本剤と他の抗悪性腫瘍剤を併用した試験での有効性及び安全性は確立していない。
7.4 海外第Ⅲ相臨床試験での規定を参考に本剤投与により副作用が発現した場合の減量・休薬・中止基準を設定した。これらの副作用が発現した場合には、本基準を参考に適切な処置を行うこと。
※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅴ.治療に関する項目「3.用法及び用量」「4.用法及び用量に関連する注意」
  • Q
  • 発熱性好中球減少症の発症抑制のためのG-CSF製剤による予防投与(一次予防)は?

A.

重篤な骨髄抑制が高頻度にあらわれる1)ので、以下のような特に発熱性好中球減少症のリスク因子を有する患者においては、最新のガイドライン等を参考に、G-CSF製剤での予防投与(一次予防)を考慮してください2)
・65歳以上の高齢者
・Performance Statusが不良の患者
・発熱性好中球減少症の既往歴のある患者
・広範囲放射線照射等の強い前治療歴を有する患者
・腫瘍の骨髄浸潤を有する患者 など
*G-CSF製剤の一次予防投与とは、がん化学療法の1コース目から、発熱性好中球減少症(febrile neutropenia:FN)を予防する目的で、好中球減少や発熱を確認することなくG-CSF製剤を投与することです。
なお、「がん化学療法による発熱性好中球減少症の発症抑制」の効能で、持続型G-CSF製剤であるジーラスタ® 皮下注が承認されています。ジーラスタ® 皮下注の使用にあたっては、ジーラスタ® 皮下注の添付文書を熟読してください。

<参考:主な国内のガイドライン>
・「G-CSF 適正使用ガイドライン(日本癌治療学会編)」

※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅷ.安全性に関する項目「5.重要な基本的注意とその理由及び処置方法」
2) 適正使用ガイド p16
  • Q
  • 治療中の骨髄抑制に関する重要な基本的注意は?

A.

8.1 重篤な骨髄抑制が高頻度にあらわれるので、下記の点に留意すること。[1.、7.4、9.1.1、9.8、11.1.1参照]
・本剤の投与にあたってはG-CSF製剤の適切な使用を、最新のガイドライン等を参考に考慮すること。
・投与後は頻回に臨床検査(血液検査等)を行うなど、患者の状態を十分に観察すること。
・特に感染症の発現に十分注意し、好中球減少、CRP上昇、発熱等の有無を確認すること。

<解説>1)
8.1 本剤投与により、好中球減少症、発熱性好中球減少症、貧血等の骨髄抑制が高頻度で認められているため、本剤投与中は定期的に血液検査等を行うとともに、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には、減量、休薬又は投与を中止するなど、適切な処置を行うこと2)
また、本剤は、市販後(平成26年9月4日販売開始から平成26年12月17日時点)208例に投与され、発熱性好中球減少症(以下、「FN」)の国内症例が35例(うち重篤28例)報告されており、FNの発現頻度は16.8%(35/208例)であった。その中に、5例の死亡例が含まれていた。FNで死亡に至った5例は、いずれもFNのリスク因子を有する症例に対し本剤が使用された症例であり、また、FNに対する適切な抗生剤投与が直ちに行われていない症例等も含まれていたことから、本剤の投与にあたっては最新のガイドライン2)等を参考にFNに対する適切な管理を行う必要があるため設定した。

<参考:主な国内のガイドライン>
・「G-CSF 適正使用ガイドライン(日本癌治療学会編)」
・「発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン(日本臨床腫瘍学会編)」

※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅷ.安全性に関する項目「5.重要な基本的注意とその理由」
2) 適正使用ガイド p16、19
  • Q
  • 禁忌とその理由は?

A.

2.1 重篤な骨髄抑制のある患者[重症感染症等を併発し、致命的となることがある。][1.参照]
2.2 感染症を合併している患者[感染症が増悪し、致命的となることがある。][1.参照]
2.3 発熱を有し、感染症の疑われる患者[感染症が増悪し、致命的となることがある。][1.参照]
2.4 肝機能障害を有する患者[1.、9.3、17.1.2参照]
2.5 本剤又はポリソルベート80含有製剤に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者[本剤はポリソルベート80を含有する。]

<解説>
2.1 このような患者では、本剤投与により骨髄抑制が増悪し、それに伴い重症感染症等を併発するおそれがある。

<参考>
臨床試験における除外基準を以下に示す。
国内第Ⅰ相臨床試験:好中球数2000/mm3未満、血小板数<100×109/L
海外第Ⅲ相臨床試験:好中球数1500/mm3未満、血小板数<100×109/L

2.2 このような患者では本剤投与による骨髄抑制に伴い、感染症が増悪するおそれがある。
2.3 このような患者では本剤投与による骨髄抑制に伴い、症状が悪化するおそれがある。
2.4 本剤は主に肝臓で代謝されるため、このような患者では本剤の血中濃度が上昇し副作用が強くあらわれるおそれがある。なお、国内第Ⅰ相臨床試験及び海外第Ⅲ相臨床試験において肝機能障害のある患者は除外されていたため、このような患者での使用経験は限られているが、海外では、このような患者で好中球減少症、敗血症等による死亡例を含む重篤な副作用の発現や副作用の増悪が報告されている。

<参考>
海外第Ⅲ相臨床試験における除外基準を以下に示す。
・総ビリルビンが各施設基準値上限以上
・ALT/AST が各施設基準値上限の1.5倍以上

2.5 このような患者では、本剤投与により重篤な過敏症があらわれるおそれがある。なお、本剤は添加物として1バイアルあたり1.56g のポリソルベート80を含有している。

※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅷ.安全性に関する項目「2.禁忌内容とその理由」

薬理・薬物動態

  • Q
  • 作用機序は?

A.

カバジタキセルはチューブリンの重合を促進し、微小管を安定化することにより細胞分裂を阻害する。

※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅵ.薬効薬理に関する項目「2.薬理作用」
  • Q
  • 代謝は?

A.

カバジタキセルは肝臓で広範に代謝され、主にCYP3Aが寄与した(80~90%)。ヒト血漿中には大部分がカバジタキセルとして存在した。ヒト血漿中ではカバジタキセル以外に7種の代謝物(3種の活性代謝物含む)が検出されたが、最も多い代謝物でも未変化体の5%程度であった。ヒトの尿中及び糞中には約20種の代謝物が排泄された。

※引用文献:
1) ジェブタナ IF:Ⅶ.薬物動態に関する項目「6.代謝」

2021年10月改訂

SAJP.eMR.21.11.0042

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。