文字サイズ

mCRPC治療の新潮流

mcrpc_treatment_00

このシリーズでは、Amit Bahl先生(ブリストル大学 臨床部長/腫瘍内科専門医)により、転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)に対する化学療法の役割に焦点を当てご解説をいただきます。

mcrpc_treatment_01

mark-movie ジェブタナ(カバジタキセル) の特徴

mark-member (2015/02)

第1回目は、mCRPCに対して本邦で承認された新規化学療法剤、ジェブタナの特徴について、その第Ⅲ相ピボタル試験であるTROPIC試験の成績を中心に解説していただきます。

mcrpc_treatment_02

mark-movie 発熱性好中球減少症のマネジメント

mark-member (2015/02)

第2回目は、mCRPCに対する化学療法で特に注意すべき副作用のひとつである、発熱性好中球減少症のマネジメントについて、第Ⅲ相試験および実臨床における使用成績に基づいてポイントをご解説いただきます。

mcrpc_treatment_03

mark-movie mCRPCにおける化学療法の位置づけ

mark-member (2015/02)

第3回目は、前立腺癌ワーキング・グループ2 (PCWG2)、欧州コンセンサスパネル、NCCNの見解を踏まえた上で、mCRPC治療における化学療法の位置づけについて解説していただきます。

≫ ページ上部へ戻る

1持続性心房細動患者における複合アブレーション手技は、肺静脈隔離術単独 よりも心房細動の再発予防に優ってはいない

22型糖尿病患者に対する降圧療法は死亡率を含めた心血管イベントを改善するが、収縮期血圧130mmHg以下を目標としたさらなる強化療法は脳卒中およびアルブミン尿の低減に関連するものの、心イベントは低減しない

最終更新日:2015/02/06