文字サイズ

Intervention Summit in FUKUOKA-コンプラビン発売記念全国講演会-

intervention_00

 

今年の4月13日、福岡にて開催された、インターベンションサミットでの内容をお届けします。

 

intervention_01

mark-movie第1回 「抗血小板薬の反応多様性に関する問題と知見」

mark-member (2014/10)

第1回は、熊本大学大学院 循環器内科学 准教授 掃本誠治先生によるご講演です。

intervention_02

mark-movie第2回 「OptimalなDAPT期間」

mark-member (2014/10)

第2回は、東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科 教授 中村正人先生によるご講演です。

intervention_03

mark-movie第3回 「TAVIの実際・前編」

mark-member (2014/10)

第3回は、小倉記念病院 循環器内科 CCU担当部長 白井伸一先生によるご講演です。

intervention_04

mark-movie第4回 「TAVIの実際・後編」

mark-member (2014/10)

前回に引き続き、小倉記念病院 循環器内科 CCU担当部長 白井伸一先生によるご講演です。

intervention_05

mark-movie第5回 「Polyvascular Diseaseにおける抗血小板療法」

mark-member (2014/10)

第5回は、帝京大学医学部附属病院 循環器内科 教授の上妻 謙先生によるご講演です。

≫ ページ上部へ戻る

1持続性心房細動患者における複合アブレーション手技は、肺静脈隔離術単独 よりも心房細動の再発予防に優ってはいない

22型糖尿病患者に対する降圧療法は死亡率を含めた心血管イベントを改善するが、収縮期血圧130mmHg以下を目標としたさらなる強化療法は脳卒中およびアルブミン尿の低減に関連するものの、心イベントは低減しない

12010年の砂糖入り飲料摂取による
世界、地域、および国別疾病負荷(disease burdens)の推定


最終更新日:2016/05/31