文字サイズ

不活化ポリオワクチンの5回目接種を保護者に受け入れてもらうための情報提供のポイント

近年、日本への外国人入国者の増加に伴い、ポリオウイルスが国内に輸入される可能性が高まっています。ポリオから子どもを守るためには、不活化ポリオワクチンの5回目接種によって、抗体価を維持することが重要です。不活化ポリオワクチンの5回目接種は任意接種のため、小児科医による保護者への情報提供により、その必要性を理解してもらうことが欠かせません。そこで、ワクチン接種に関する情報をウェブサイトなどで積極的に提供されている東京都足立区 ごたんの小児科クリニック院長 岡田 郷 先生に、任意接種である不活化ポリオワクチンの5回目接種を保護者に受け入れてもらうためのポイントについて伺いました。

予防接種に関する情報提供を重視する理由は

子どもを守るためには、保護者に正しい情報を提供し、
予防接種に対する不安を解消することが必要であると考えているからです

病気になると、患者さんは、何が起きていて、どうすれば良いのかわからないことに不安を感じます。そこで、医師の務めとしては、まず、状態を整理して正しい情報をわかりやすく患者さんや保護者に伝え、不安を解消することと考えています。予防接種に関しても、正しい情報を保護者に提供し、予防接種に対する漠然とした不安を解消することが必要です。その結果医師と保護者の間に信頼関係が生まれ、さらに幅広い視点での情報提供を行うことで、病気から子どもを守ってくれる医師であると保護者に認識されることが重要だと考えています。


任意接種ワクチンの必要性を認識してもらうために、情報提供をどのように行っていますか

重大な感染症を予防できることがワクチンの力であることや、
感染症のリスクについてお話ししています

保護者は予防接種という制度の存在は理解していますが、自治体等の案内に従って接種すれば良いという理解に留まっています。定期接種であれば問題はありませんが、任意接種についてはその必要性を十分に理解していただかないと接種に至りません。イメージ画像そこで接種の必要性を認識していただくためには、正確な知識や感染症に関する現状を伝えることです。したがって、保護者の考え方や状況に応じて子どもの健康に関する必要な情報を提供することで接種へとつながります。例えば、予防接種に不信感を抱いている保護者には、「現在、ワクチンのある感染症が国内で発生していないこと自体がワクチンの力である」と伝えています。さらに、感染症のリスクを知っていただくことも重要です。ポリオであれば、ワクチンが存在しなかった時代には、大規模な流行があり、重篤な後遺症が残った子どもたちについてお話ししています。



任意接種ワクチンの接種を勧めるときに、どのようなことを心がけていますか

保護者の考え方や状況を一度受け入れてから勧奨するようにしています

私は、特に医師と保護者の信頼関係が大切だと考えています。保護者の考えを否定したり、有無を言わさず接種を勧奨したりすると、受け入れてもらえません。例えば、予防接種に否定的な考えを持つ保護者には、その考えや背景をきちんと受け入れてから、まずは予防接種の現状を簡単に伝えるだけに留めます。保護者自身が考える時間を十分に設けて、予防接種に興味を持った時点で、詳細な情報を提供して勧奨するようにしています。


不活化ポリオワクチンの5回目接種を勧奨するのは、なぜですか

海外からのポリオウイルスの輸入に備えて、抗体価を維持し、
ポリオの予防に努める必要があるからです

ポリオワクチンは、以前は生ワクチンでしたが、現在は不活化ワクチンです。不活化ポリオワクチンは定期接種の4回目接種後、時間が経過すると抗体価が低下することが知られています。そこで、不活化ポリオワクチンの5回目接種が重要になりますが、任意接種のため接種を保護者に勧めるのは難しいのが実情です。しかし、国際化が進み日本への外国人入国者が増え、麻疹や風疹の流行も報告されるようになった現在、ポリオを予防することは非常に大切です。ポリオウイルスに対する集団免疫が低下した状態にポリオウイルスが輸入されると、日本でも再びポリオが流行する可能性があります。不活化ポリオワクチンの5回目接種により、ポリオウイルスに十分な免疫を持つ人が多くなることは、個々の自衛のためばかりでなく集団免疫という観点でも重要です。


不活化ポリオワクチンの5回目接種に関心を持ってもらうために、
どのような取り組みをされていますか

診察室までの動線上に啓発ポスターを掲示しています

イメージ画像待合室と中待合室などに、不活化ポリオワクチンの5回目接種に関するポスターを掲示したり、リーフレットを置いたりしています。特に中待合室のポスターは効果的で、診察室へ入る直前にポスターを見た保護者から、不活化ポリオワクチンの5回目接種について質問されることがあります。また、保護者同士は、実際に接種した時期や今後の接種について情報を活発に交換していることから、啓発ポスターにより保護者の間で不活化ポリオワクチンの5回目接種について関心が広がれば、情報提供の機会も増えると思います。



不活化ポリオワクチンの5回目接種を促す環境づくりとして、
どのようなことを行っていますか

経済的な負担軽減と接種への関心向上を目的に、接種費用を引き下げました

当院のウェブサイトでは、予防接種に関する情報を掲載し、任意接種の費用も明記しています。この取り組みは、費用がわからないという保護者の不安を解消するためです。

不活化ポリオワクチンの5回目接種については、2018年に費用を引き下げました。そのお知らせには、費用改定のことだけでなく、5回目接種の重要性についても記載して、保護者の関心が向くような工夫をしています。経済的な負担の軽減とともに、接種を促していくことに重きを置いています。



不活化ポリオワクチンの5回目接種を保護者に受け入れてもらうための
情報提供のポイント

1 保護者の考えを尊重する
  > 保護者の予防接種に対する考え方、立場に応じて話をする
  > 詳細な情報提供は急がずに、保護者が興味を持ってから行う
2 予防接種について正しい知識や接種の必要性を伝える
  > 保護者は信頼性の低い情報源から偏った情報を得ていることがある
  > 「ワクチンがある感染症が国内で発生していないこと自体がワクチンの力」であることを説明する
3 保護者の任意接種ワクチンへの関心を高める工夫をする
  > 診察室までの動線上にポスターやリーフレットなどを設置する
  > 接種費用の引き下げや話題性のある情報で興味を引く
4 ポリオウイルス感染のリスクと予防の重要性を伝える
  > 外国人入国者が増加し、麻疹や風疹など輸入感染症が報告されてきている
  > 不活化ポリオワクチンの抗体価は、4回目接種後の時間経過に伴い低下する
  > 国内流行の可能性に備え、抗体価を維持して予防に努めるべき

院内の啓発資材を見て質問される保護者には、スタッフも情報提供を行っています

当院では、スタッフが予防接種を受けたお子さまの母子手帳を確認し、定期接種、任意接種を問わず接種可能な予防接種があれば、母子手帳を返す際にご案内しています。当院を訪れる保護者には予防接種に熱心な方が多く、院内にある、不活化ポリオワクチンの5回目接種に関する啓発資材を見て質問をされる方が1日に2~3名います。質問は、「自分の子どもも接種すべきか」、「他の保護者は接種させているか」という内容が中心です。私たちスタッフは、診察室で先生の説明をいつも聞いて理解していますし、スタッフ同士で情報交換も行っています。不活化ポリオワクチンの5回目接種の必要性について質問されたときは、先生と同様に私も、「5回目接種を行うことで抗体価が再び上昇するので、当院では接種をお勧めしています」と答えています。質問する保護者のほとんどが実際に接種を希望するため、情報提供の大切さを実感しています。

SPJP.IPV.19.03.0054

不活化ポリオワクチンの5回目接種を保護者に受け入れてもらうための情報提供のポイント

近年、日本への外国人入国者の増加に伴い、ポリオウイルスが国内に輸入される可能性が高まっています。ポリオから子どもを守るためには、不活化ポリオワクチンの5回目接種によって、抗体価を維持することが重要です。不活化ポリオワクチンの5回目接種は任意接種のため、小児科医による保護者への情報提供により、その必要性を理解してもらうことが欠かせません。そこで、ワクチン接種に関する情報をウェブサイトなどで積極的に提供されている東京都足立区 ごたんの小児科クリニック院長 岡田 郷 先生に、任意接種である不活化ポリオワクチンの5回目接種を保護者に受け入れてもらうための岡田 郷 先生ポイントについて伺いました。
ごたんの小児科クリニック 院長 岡田 郷 先生

予防接種に関する情報提供を
重視する理由は

子どもを守るためには、
保護者に正しい情報を提供し、
予防接種に対する不安を
解消することが必要であると
考えているからです

病気になると、患者さんは、何が起きていて、どうすれば良いのかわからないことに不安を感じます。そこで、医師の務めとしては、まず、状態を整理して正しい情報をわかりやすく患者さんや保護者に伝え、不安を解消することと考えています。予防接種に関しても、正しい情報を保護者に提供し、予防接種に対する漠然とした不安を解消することが必要です。その結果医師と保護者の間に信頼関係が生まれ、さらに幅広い視点での情報提供を行うことで、病気から子どもを守ってくれる医師であると保護者に認識されることが重要だと考えています。


任意接種ワクチンの必要性を
認識してもらうために、情報提供を
どのように行っていますか

重大な感染症を予防できることが
ワクチンの力であることや、
感染症のリスクについて
お話ししています

保護者は予防接種という制度の存在は理解していますが、自治体等の案内に従って接種すれば良いという理解に留まっています。定期接種であれば問題はありませんが、任意接種についてはその必要性を十分に理解していただかないと接種に至りません。そこで接種の必要性を認識していただくためには、正確な知識や感染症に関する現状を伝えることです。したがって、保護者の考え方や状況に応じて子どもの健康に関する必要な情報を提供することで接種へとつながります。例えば、予防接種に不信感を抱いている保護者には、「現在、ワクチンのある感染症が国内で発生していないこと自体がワクチンの力である」と伝えています。さらに、感染症のリスクを知っていただくことも重要です。ポリオであれば、ワクチンが存在しなかった時代には、大規模な流行があり、重篤な後遺症が残った子どもたちについてお話ししています。

イメージ画像

任意接種ワクチンの接種を
勧めるときに、どのようなことを
心がけていますか

保護者の考え方や状況を
一度受け入れてから
勧奨するようにしています

私は、特に医師と保護者の信頼関係が大切だと考えています。保護者の考えを否定したり、有無を言わさず接種を勧奨したりすると、受け入れてもらえません。例えば、予防接種に否定的な考えを持つ保護者には、その考えや背景をきちんと受け入れてから、まずは予防接種の現状を簡単に伝えるだけに留めます。保護者自身が考える時間を十分に設けて、予防接種に興味を持った時点で、詳細な情報を提供して勧奨するようにしています。


不活化ポリオワクチンの
5回目接種を勧奨するのは、
なぜですか

海外からのポリオウイルスの
輸入に備えて、抗体価を維持し、
ポリオの予防に努める必要が
あるからです

ポリオワクチンは、以前は生ワクチンでしたが、現在は不活化ワクチンです。不活化ポリオワクチンは定期接種の4回目接種後、時間が経過すると抗体価が低下することが知られています。そこで、不活化ポリオワクチンの5回目接種が重要になりますが、任意接種のため接種を保護者に勧めるのは難しいのが実情です。しかし、国際化が進み日本への外国人入国者が増え、麻疹や風疹の流行も報告されるようになった現在、ポリオを予防することは非常に大切です。ポリオウイルスに対する集団免疫が低下した状態にポリオウイルスが輸入されると、日本でも再びポリオが流行する可能性があります。不活化ポリオワクチンの5回目接種により、ポリオウイルスに十分な免疫を持つ人が多くなることは、個々の自衛のためばかりでなく集団免疫という観点でも重要です。


不活化ポリオワクチンの
5回目接種に関心を
持ってもらうために、どのような取り組みをされていますか

診察室までの動線上に啓発ポスターを掲示しています

待合室と中待合室などに、不活化ポリオワクチンの5回目接種に関するポスターを掲示したり、リーフレットを置いたりしています。特に中待合室のポスターは効果的で、診察室へ入る直前にポスターを見た保護者から、不活化ポリオワクチンの5回目接種について質問されることがあります。また、保護者同士は、実際に接種した時期や今後の接種について情報を活発に交換していることから、啓発ポスターにより保護者の間で不活化ポリオワクチンの5回目接種について関心が広がれば、情報提供の機会も増えると思います。

イメージ画像

不活化ポリオワクチンの
5回目接種を促す環境づくりとして、
どのようなことを行っていますか

経済的な負担軽減と
接種への関心向上を目的に、
接種費用を引き下げました

当院のウェブサイトでは、予防接種に関する情報を掲載し、任意接種の費用も明記しています。この取り組みは、費用がわからないという保護者の不安を解消するためです。

不活化ポリオワクチンの5回目接種については、2018年に費用を引き下げました。そのお知らせには、費用改定のことだけでなく、5回目接種の重要性についても記載して、保護者の関心が向くような工夫をしています。経済的な負担の軽減とともに、接種を促していくことに重きを置いています。



不活化ポリオワクチンの
5回目接種を保護者に受け入れてもらうための情報提供のポイント

1 保護者の考えを尊重する
  > 保護者の予防接種に対する考え方、立場に応じて話をする
  > 詳細な情報提供は急がずに、保護者が興味を持ってから行う
2 予防接種について正しい知識や接種の必要性を伝える
  > 保護者は信頼性の低い情報源から偏った情報を得ていることがある
  > 「ワクチンがある感染症が国内で発生していないこと自体がワクチンの力」であることを説明する
3 保護者の任意接種ワクチンへの関心を高める工夫をする
  > 診察室までの動線上にポスターやリーフレットなどを設置する
  > 接種費用の引き下げや話題性のある情報で興味を引く
4 ポリオウイルス感染のリスクと予防の重要性を伝える
  > 外国人入国者が増加し、麻疹や風疹など輸入感染症が報告されてきている
  > 不活化ポリオワクチンの抗体価は、4回目接種後の時間経過に伴い低下する
  > 国内流行の可能性に備え、
抗体価を維持して
予防に努めるべき


院内の啓発資材を見て質問される保護者には、スタッフも情報提供を行っています ごたんの小児科クリニック 医療事務・診療助手 木村 浩美 さん

当院では、スタッフが予防接種を受けたお子さまの母子手帳を確認し、定期接種、任意接種を問わず接種可能な予防接種があれば、母子手帳を返す際にご案内しています。当院を訪れる保護者には予防接種に熱心な方が多く、院内にある、不活化ポリオワクチンの5回目接種に関する啓発資材を見て質問をされる方が1日に2~3名います。質問は、「自分の子どもも接種すべきか」、「他の保護者は接種させているか」という内容が中心です。私たちスタッフは、診察室で先生の説明をいつも聞いて理解していますし、スタッフ同士で情報交換も行っています。不活化ポリオワクチンの5回目接種の必要性について質問されたときは、先生と同様に私も、「5回目接種を行うことで抗体価が再び上昇するので、当院では接種をお勧めしています」と答えています。質問する保護者のほとんどが実際に接種を希望するため、情報提供の大切さを実感しています。

SPJP.IPV.19.03.0054