文字サイズ

ファブラザイム

製品関連のよくあるご質問と回答

製剤

  • Q
  • 貯法は?

A.

遮光保存、2~8℃

※引用文献:
1)ファブラザイム IF:Ⅹ.管理的事項に関する項目「3.貯法・保存条件」を参照

安全性

  • Q
  • 調整方法は?

A.

1)溶解:溶解約30分前には室温に戻すこと。各バイアルに規定量の日局注射用水を加え、溶液が泡立たないように静かに混和する。異物や変色の見られたバイアルは使用しないこと。溶解後は速やかに希釈すること。

2)希釈:溶解した液剤はアガルシダーゼ ベータ(遺伝子組換え)を5mg/mL含有する。各バイアルから規定の液量を採取し、日局生理食塩液中に注入し、最終容量500mLまで希釈する。投与液剤をゆるやかに混和すること。

<解説>
本剤は冷所保存(2~8℃)のため、バイアルのゴム栓が冷えて硬くなると、コアリング(針をさした際にゴム栓が削られ破片がバイアル内に混入すること)が起こりやすくなるため、溶解約30分前には室温に戻すことが必要である。溶解後の外観は、「無色澄明で異物を認めない」とされているので、溶解後、異物や変色が見られた場合は、使用しないこと。

※引用文献:
1)ファブラザイム IF:Ⅷ.安全性(使用上の注意等)に関する項目「14.適応上の注意」を参照
  • Q
  • 投与時に使用するフィルターの種類は?

A.

たん白質を吸着しにくいポアサイズ0.2ミクロンのインラインフィルターを使用することが望ましい。

<解説>
万が一異物が混入した際に除去され、安全に投与できるよう使用の推奨をしている。

※引用文献:
1)ファブラザイム IF:Ⅷ.安全性(使用上の注意等)に関する項目「14.適応上の注意」を参照
  • Q
  • IARが発現した場合の対応法は?

A.

本剤投与によりinfusion associated reaction(IAR)が発現する可能性がある。Infusion associated reaction(IAR)が現れた場合には、投与速度を下げるか、一旦投与を中止し、適切な薬剤治療(副腎皮質ホルモン剤、抗ヒスタミン剤、解熱鎮痛剤又は抗炎症剤)や緊急処置を行うこと。

<解説>
重篤なinfusion associated reaction について、治療管理についての手引きを記載した。

※引用文献:
1)ファブラザイム IF:Ⅷ.安全性(使用上の注意等)に関する項目「6.重要な基本的注意とその理由及び処置方法」を参照
  • Q
  • IARが発現した場合、次回の投与に際しては?

A.

本剤投与によりinfusion associated reaction(IAR)が発現した場合、次回投与に際しては、下図を参考とすること。


※引用文献:
1)ファブラザイム IF:Ⅷ.安全性(使用上の注意等)に関する項目「6.重要な基本的注意とその理由及び処置方法」を参照
  • Q
  • IARを予測する為には?

A.

Infusion associated reactionの発現を予測するため定期的にアガルシダーゼ ベータ(遺伝子組換え)に対するIgG抗体検査を行うことが望ましい。投与により、大部分の患者でIgG抗体産生が予想され、そのような患者はinfusion associated reactionを発現しやすいと考えられる。

<解説>
国内及び海外における臨床試験では、本剤投与により、大部分の患者(80~90%)でIgG抗体が産生しており、そのような患者はinfusion associated reaction を発現しやすいと考えられるため、定期的にIgG 抗体検査を行うことが望まれるとして、本項を設定した。

図1:国内の臨床試験でのIgG 抗体検出までの時間(初回投与からの日数)2)
国内における臨床試験では、13例中11例(85%)で本剤に対するIgG 抗体産生が認められ、7例で過敏反応が報告された。

図2:国内の臨床試験においてinfusion associated reaction が見られ、過敏反応として報告された7例におけるIgE、IgG 抗体産生と補体活性検査結果2)
なお、1例については、infusion associated reaction として徐脈が報告されたものの、IgG抗体産生は認められなかった。

※引用文献:
1)ファブラザイム IF:Ⅷ.安全性(使用上の注意等)に関する項目「6.重要な基本的注意とその理由及び処置方法」を参照
2) 社内資料:本邦における第2相試験, 2001 [FZ-07]

安定性

  • Q
  • 製剤の各種条件下における安定性は?

A.

5mg/35mg製剤の安定性を下図に示す。


※引用文献:
1)ファブラザイム IF:Ⅳ.製剤に関する項目「5.製剤の各種条件下における安定性」を参照
  • Q
  • 溶解後の安定性は?

A.

35mg製剤の溶解後の安定性を下図に示す。
5mg製剤については、溶解後の組成が35mg製剤と同様であるため実施していない。

 

※引用文献:
1)ファブラザイム IF:Ⅳ.製剤に関する項目「6.溶解後の安定性」を参照

治療

  • Q
  • 効能又は効果は?

A.

ファブリー病

<効能・効果に関連する使用上の注意>
本剤はファブリー病と確定診断された患者にのみ使用すること。

<解説>
本剤はファブリー病患者で欠損している酵素を投与する酵素補充療法であることから、効能・効果に関連する使用上の注意として「本剤はファブリー病と確定診断された患者にのみ使用すること」を設定した。

※引用文献:
1)ファブラザイム IF:Ⅴ.治療に関する項目「1.効能又は効果」を参照
  • Q
  • 用法・用量は?

A.

通常、アガルシダーゼ ベータ(遺伝子組換え)として、1回体重1kg あたり1mg を隔週、点滴静注する。

<用法・用量に関連する使用上の注意>
(1)投与速度:Infusion associated reaction が発現するおそれがあるため、初回投与速度は0.25mg/分(15mg/時)以下とすること。患者の忍容性が十分に確認された場合、徐々に速めてもよい。ただし、投与速度は0.5mg/分を超えないこと。

(2)溶解及び希釈方法:用時1バイアルを35mg 製剤は日局注射用水7.2mL で、5mg 製剤は日局注射用水1.1mL でそれぞれ溶解し、アガルシダーゼ ベータ(遺伝子組換え)として5mg/mL の溶液とする。患者の体重あたりで計算した必要量を採取し、日局生理食塩液で希釈して500mL とする。

<解説>
(1)、(2)
現在まで報告されている副作用の主なものはinfusion associated reaction であり、多くは軽度~中等度の発熱や悪寒である。これらのinfusion associated reaction に対する処置は、第一に投与速度を下げることが必要であることから記載した。
また、長期継続投与することにより本剤の忍容性が向上した場合の投与速度の制限緩和の可能性については、海外での長期間の臨床試験において、58例中54例(93%)の患者で1回以上の投与を2.5時間以内、58例中45例(78%)の患者で2.0時間以内で投与を完了し、平均投与時間は2.2時間であったとの報告がある2)
国内での臨床試験及び海外での主要臨床試験では、投与するために調製した最終液量は過敏反応などを防止するために、生理食塩液で500mL に希釈し0.25mg/分以下の投与速度で点滴静注されたことから、本項目を設定した。

※引用文献:
1)ファブラザイム IF:Ⅴ.治療に関する項目「2.用法及び用量」を参照
2) Wilcox WR., et al. Am J. Hum. Genet 75(1) 65-74 (2004)

GZJP.FABR.17.11.0475