文字サイズ

第57回 日本小児血液・がん学会学術集会 ランチョンセミナー11

seminar11_00

2015年11月29日(日)に開催された、
第57回 日本小児血液・がん学会学術集会 ランチョンセミナー11をお届けします。

座長:神奈川県立こども医療センター 血液・再生医療科 部長 後藤 裕明 先生

seminar11_01

mark-movie 演題1「小児急性リンパ性白血病~最近の話題~」

mark-member (2016/01)

演者:京都府立医科大学附属病院 小児科 講師 今村 俊彦 先生

seminar11_02

mark-movie 演題2「小児急性リンパ性白血病治療における支持療法」

mark-member (2016/01)

演者:秋田大学医学部附属病院 小児科 講師 矢野 道広 先生

≫ ページ上部へ戻る

1持続性心房細動患者における複合アブレーション手技は、肺静脈隔離術単独 よりも心房細動の再発予防に優ってはいない

22型糖尿病患者に対する降圧療法は死亡率を含めた心血管イベントを改善するが、収縮期血圧130mmHg以下を目標としたさらなる強化療法は脳卒中およびアルブミン尿の低減に関連するものの、心イベントは低減しない

最終更新日:2015/12/25