文字サイズ

product_info-form-title

今こそ知っておきたい定期補充療法(酒井先生)

(2022/07)

血友病Aの治療において出血抑制に重要な第Ⅷ因子活性と薬物動態のポイントについて解説いただきます。

disease_info-form-title

ELO Webinar 2021 記録集

[4,898KB] (2022/03)

血友病の治療目標である「生涯出血を抑制し、関節症予防・進行抑制ならびに健常人と同等の健康状態の維持のためにはどのような治療が必要かについて、血友病専門医のご講演内容を1冊に集約しました。

patient-form-title

seminar_08

イロクテイトをお使いの患者さん用資材ー血友病治療について一緒に考えよう

[2,965KB] (2022/03)

血友病の治療目的を考えたことはありますか?
長期にわたって治療を続けてきた患者さんにとって治療は日常の一部であり、あらためてご自身の治療について考える機会がなかなかないかもしれません。この資材は、手に取った患者さんにとっての最適な治療はどのようなものか、患者さんはきちんと出血をふせぎ、関節症を作らない治療ができているだろうか?と問いかけていただくための冊子です。

others-form-title

seminar_08

血友病患者さんのニーズ:出血ゼロかQOL向上か?

(2022/06)

2020年改訂のWFHガイドライン3rdでは、血友病患者さんの出血ゼロのみならず、非血友病者と同等のQOLを目指し、個別化した定期補充療法が推奨 されています。本邦では、2000年代からの定期補充療法の導入後、出血ゼロを達成する患者もおり、治療目標は関節症予防へ変化しているが、実際には、関節の痛みが出血より高い割合で確認されており、完全には関節症の発症・進展予防はできていません。ましてやQOLの向上までには至っておらず、個別化レジメンの設計も十分に練る必要があります。 現在、血友病A治療薬は多様な製剤が使用可能であるが、本Webinarでは、今あるエビデンスから、どのように個々の患者さんに適した製剤を選択すればよいか、あるいはガイドラインの目指すQOL向上が実現できるのか考えてみたいです。