文字サイズ

藤枝先生に訊く「鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎(CRSwNP)の病態生理」

既存治療で効果不十分な鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎に対し、抗体製剤の「デュピクセント」が2020年3月25日に承認となりました。今回は、福井大学医学部 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 教授 藤枝 重治 先生に、鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎(CRSwNP)の病態生理について、ご解説を頂きます。

≫ ページ上部へ戻る

最終更新日:2021/06/28

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。