文字サイズ

pickup_title

teictdm_01

One airway, one disease パンフレット

mark-member [4,064KB] (2020/06)

気管支喘息および鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎、両疾患へのデュピクセントの有用性についてご紹介するパンフレットです。副鼻腔炎の症状も併発している、コントロール不良な喘息患者さんがいらっしゃる際は、ぜひご一読下さい。

pickup_title

teictdm_01

Vol.3 SINUS-52試験のご紹介

mark-member (2020/05)

鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎の患者さんに対するデュピクセントの大規模臨床試験のSINUS-52試験について、喘息合併患者さんのサブグループ解析を含め、ご紹介します。

product_info-form-title

teictdm_01

【Dr.Wechsler】

mark-member (2021/10)

Michael Wechsler 先生(National Jewish Health)より、デュピクセントの長期投与の安全性と有効性についてご解説いただきました。臨床試験(第II b相試験、QUEST、EXPEDITION、VENTURE)を完了した喘息患者にデュピクセントを追加投与した延長試験TRAVERSE(先行研究含め、最長3年間の投与)のデータをもとに、試験後の有害事象、呼吸機能・重度増悪率の改善、喘息コントロールなどについてご説明をいただいております。

disease_info-form-title

第1回 中島 啓 先生

mark-member [686KB] (2021/10)

侵襲性肺アスペルギルス症やニューモシスチス肺炎といった肺真菌症は予後が不良で、呼吸器専門医の診断・治療に対する高い専門性が求められます。肺真菌症に立ち向かう重要性を亀田総合病院 中島 啓 先生からご解説いただきました。

patient-form-title

mark-download 呼気NO啓発リーフレット

mark-member [1,007KB] (2020/07)

呼気NO検査のタイミングで患者さんに①検査の目的、②気管支の炎症とは?、③炎症のメカニズムを簡単にご紹介するリーフレットです。QRコードからは炎症のメカニズムを動画で分かりやすく説明しています。

≫ ページ上部へ戻る

最終更新日:2021/10/25

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。