文字サイズ

one airway one disease どのくらい考慮されますか?

allergy_steps_00

本シリーズは、アレルギー性鼻炎患者さんを多く診療されている内科医の先生にご登場いただき、内科医の視点でみたアレルギー性鼻炎治療についてご紹介していただきます。

ondemand_01

pdf 第3回 シーズン初めに来られた患者さんの症状 どう判断されますか?

non member (2018/01)

今回は、「軽症と思われがちだが実はすでに中等症の花粉症症例」について、症例の考え方と薬剤選択のポイントをご解説いただきます。ぜひご視聴ください。

ondemand_01

pdf 第2回 治らない風邪の患者さんの治療どうされていますか?

non member (2017/12)

今回は、「長引く風邪とアレルギー性鼻炎との関連」について、症例の考え方と薬剤選択のポイントをご解説いただきます。ぜひご視聴ください。

ondemand_01

pdf 第1回 喘息ですか?長引く咳と○○の関係

non member (2017/11)

「長引く咳や咳込み」を主訴に来院される患者さんはいらっしゃいませんか?長引く咳の原因はいくつかありますが、問診時にその原因をしっかりと診ていくことが重要です。
今回は、アレルギー性鼻炎患者さんを多く診療されている内科医の先生に、長引く咳や咳込みを主訴に来院される患者さんの診察時のポイントを中心にお話しいただきます。 ぜひご視聴ください。

≫ ページ上部へ戻る

1持続性心房細動患者における複合アブレーション手技は、肺静脈隔離術単独 よりも心房細動の再発予防に優ってはいない

22型糖尿病患者に対する降圧療法は死亡率を含めた心血管イベントを改善するが、収縮期血圧130mmHg以下を目標としたさらなる強化療法は脳卒中およびアルブミン尿の低減に関連するものの、心イベントは低減しない


最終更新日:2016/02/17