文字サイズ

スギ・ヒノキだけじゃない! 知っておきたいアレルギー性鼻炎の原因とその対策

allergy_steps_00

スギ・ヒノキに続発する季節性アレルギー性鼻炎と、1年を通して発症する通年性アレルギー性鼻炎の特徴と薬物治療について、札幌医科大学 耳鼻咽喉科学講座 教授 氷見徹夫先生に解説していただきます。

allergy_steps_01

mark-movie 意外と多い!春から夏に飛ぶ花粉(1)

mark-nonmember (2014/05)

スギ・ヒノキ花粉シーズン終了後に飛散する、イネ科花粉やシラカンバ花粉などについて解説していただきます。

allergy_steps_02

mark-movie 意外と多い!春から夏に飛ぶ花粉(2)

mark-nonmember (2014/05)

イネ科花粉やシラカンバ花粉によって引き起こされる季節性アレルギー性鼻炎の特徴と注意点、薬物治療について解説していただきます。

allergy_steps_03

mark-movie 花粉だけじゃない!通年性アレルギー性鼻炎と関連疾患(1)

mark-nonmember (2014/05)

ハウスダスト・ダニなどが原因となる通年性アレルギー性鼻炎の疫学・特徴を、地域特性や花粉症との合併などを中心に解説していただきます。

allergy_steps_03

mark-movie 花粉だけじゃない!通年性アレルギー性鼻炎と関連疾患(2)

mark-nonmember (2014/05)

通年性アレルギー性鼻炎の薬物治療について、患者さんへのアンケート結果なども交え、解説していただきます。

≫ ページ上部へ戻る

1持続性心房細動患者における複合アブレーション手技は、肺静脈隔離術単独 よりも心房細動の再発予防に優ってはいない

22型糖尿病患者に対する降圧療法は死亡率を含めた心血管イベントを改善するが、収縮期血圧130mmHg以下を目標としたさらなる強化療法は脳卒中およびアルブミン尿の低減に関連するものの、心イベントは低減しない


最終更新日:2016/02/17