文字サイズ

耳鼻咽喉科の疾患・症状と自律神経

自律神経は、交感神経と副交感神経という2つの神経の間で“シーソー”の関係が成り立っています。耳鼻咽喉科でよく診られるめまいや鼻炎、耳鳴、睡眠障害などの疾患・症状にも自律神経がかかわっていて、このバランスが崩れることで、疾患や病態に大きな影響を及ぼします。このシリーズでは、耳鼻咽喉科領域の疾患と自律神経を中心にご紹介していきます。

ディレグラの神経に関わる作用

1) 病気がみえる 脳・神経, 東京, MEDIC MEDIA, p202, 2011
2) 奥泉 薫:アレルギー・免疫 22(1):140, 2015より作図
3) Shirasaki H et al:Auris Nasus Larynx 43(3):309, 2016
4)鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会:鼻アレルギー診療ガイドライン‒通年性鼻炎と花粉症‒ 2016年版(改訂第8版), ライフ・サイエンス:p16-18, 2015, 改変
Konno A et al: Arch Otorhinolaryngol 225(1): 67, 1979, 作成
監修:東京大学医学部耳鼻咽喉科教室 講師 近藤健二先生