文字サイズ

最適なPAD治療を考える ~21世紀のGlobal Problemへの挑戦~

optimal_pad_00

この番組は、PAD領域の「overview」「診断」「治療」の3つのテーマについて、5人の先生方からそれぞれご解説いただくシリーズになります。

optimal_pad_01

mark-movie 第1回 PADをとりまく環境と最近の話題について

mark-member (2015/10)

第1回は、長野赤十字病院 循環器内科 宮下 裕介 先生をお招きし、PADをとりまく環境と最近の話題についてご解説いただきます。

optimal_pad_02

mark-movie 第2回 PADの診断・スクリーニングについて

mark-member (2015/10)

第2回は、済生会福岡総合病院 循環器内科 末松 延祐 先生をお招きし、PAD症例の診断とスクリーニングについてご解説いただきます。

optimal_pad_03

mark-movie 第3回 PADの外科的治療について

mark-member (2015/10)

第3回は、九州大学病院 血管外科 松本 拓也 先生をお招きし、PAD治療の中でも、外科的治療についてご解説いただきます。

optimal_pad_04

mark-movie 第4回 PADの血管内治療について

mark-member (2015/10)

第4回は、北海道循環器病院 心血管研究センター 山本 匡 先生をお招きし、PAD治療の中でも、血管内治療についてご解説いただきます。

optimal_pad_05

mark-movie 第5回 PADの薬物治療について

mark-member (2015/10)

第5回は、大阪警察病院 循環器内科 松尾 浩志 先生をお招きし、PAD治療の中でも、薬物治療についてご解説いただきます。

≫ ページ上部へ戻る

1持続性心房細動患者における複合アブレーション手技は、肺静脈隔離術単独 よりも心房細動の再発予防に優ってはいない

22型糖尿病患者に対する降圧療法は死亡率を含めた心血管イベントを改善するが、収縮期血圧130mmHg以下を目標としたさらなる強化療法は脳卒中およびアルブミン尿の低減に関連するものの、心イベントは低減しない

最終更新日:2016/08/08