文字サイズ

冠動脈複雑病変に挑む-Complex PCI最先端手技-(三重ハートセンター 西川先生)

commentary_00

ロータブレータは、石灰化の部分を削り取るうえで非常に有用である反面、冠動脈穿孔に最も注意を要するデバイスであり、むしろ高速回転時より低速回転時の方が要注意です。そのため、最後に造影剤を流しながら進む際、ロータブレータの回転数が落ちなくなるまで十分に削り取ることが重要です。実際の動画を見ながら示されるとともに、IVUS所見を慎重に観察しながらロータブレータのサイズを替えて削っていくテクニックをご紹介いただきました。

≫ ページ上部へ戻る

最終更新日:2021/04/01

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。