文字サイズ

Caseリレー ~賢者は1例に学ぶ~

commentary_00

PCIの施術では、困難な状況、想定外の事象、重篤な合併症に遭遇する機会が必ずいつかは訪れます。本シリーズではエキスパートの道を歩む医師により、視聴者の先生方が同じような場面に直面した時のご参考にしていただくことを目的に、症例を通じてPCI術者としての知識と心構えをご紹介します。

baton_pass_02

mark-movie 再狭窄を繰り返すRCA Calcified nodule病変

mark-member (2021/08)

造影でも確認出来るようなRCA近位屈曲部位のCalcified nodule病変。Primaryでは、RotablatorをしてからDES留置にて十分な拡張を得て終了するも、半年後に再狭窄を来たし、cutting + DCBにて治療。再び半年後にUAPで来院して治療が必要となり、元々のMRの進行も認められたためCABG + MVPの方針となった。再狭窄を繰り返すRCA Calified nodule病変に対する治療法について、佐賀大学医学部附属病院 夏秋 政浩 先生よりご紹介いただきます。

baton_pass_02

mark-movie Unexpected complication after CO2 angiography

mark-member (2021/06)

腎機能障害の患者に対するEVT。SFAのCTOはCO2造影下にて手技は成功したものの、術後3時間後に急変。網状のチアノーゼを呈し冷感を認めたが、エコー所見は問題無く、脈も触れてたのでヘパリンや血管拡張薬にて暫く経過観察に。更に2時間後あたりから腹痛を訴えたためCTを施行したところNOMI(非閉塞性長官虚血)を認めたため外科に対応。予期せぬ合併症について、東京ベイ・浦安市川医療センター 仲間先生にご紹介いただきます。

baton_pass_02

mark-movie カテーテルが動かない...

mark-member (2021/06)

カテーテルのエンゲージに難渋した際、つい回転を加えて続けてしまいがちですが、術者が見ているモニターの死角野にてカテ―テルがキンクしていることがあります。折れたカテーテルは逆回転を加えても解けない、その次の手を東海大学 循環器内科 鳥居 先生よりご紹介いただきます。

baton_pass_02

mark-movie 冠動脈瘤に対する治療

mark-member (2021/04)

進行する冠動脈瘤に対する処置のphysiological assessmentにより導かれた治療法とは?FFRと心筋シンチの活用とPCI strategyについて聖マリアンナ医科大学 循環器内科の割澤 先生にご紹介をいただきます。

baton_pass_02

mark-movie CABG後25年を経過したLAD近位部CTOに対しTriple arterial accessにてretrograde apporoachに成功した一例

mark-member (2021/04)

LAD 近位部のstampの無いCTO、唯一のコラテは屈曲の厳しいRVからの心外膜チャンネル、変則的にSVG-LADのグラフト経由でRVへのexternalizationを遂行してこのルートよりretrograde approachにてCTO開通に成功。複雑な手技、マイナーな合併症についてご紹介をいただきます。

≫ ページ上部へ戻る

最終更新日:2021/04/01

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。