文字サイズ

disease_info-form-title

baton_pass_02

mark-movie 分岐部専用薬剤溶出性ステントを用いた左主幹部遠位部病変の治療戦略

mark-member (2020/12)

第2世代の薬剤溶出性ステント登場以降、左主幹部病変に対する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の治療成績は向上しております。しかし、PCI後の再血行再建の頻度はCABG後と比較し有意に高く、患者のQuality of lifeに大きな影響を与えていると考えられます。今回は分岐部専用ステントの左主幹部病変治療における今後の役割について髙亀先生よりお話いただいております。


※ 最新の添付文書に基づきPDFファイルを掲載しております。

≫ ページ上部へ戻る

最終更新日:2020/11/05