文字サイズ

pickup_title

coverage_01

mark-download 「変えたい気持ちはあるけれど」編

mark-member (2019/02)

第2弾では、生活習慣を改善したいと考えていても、実践に移すことが難しいと感じている患者さんをイメージした動画をお届けします。

pickup_title

expert_interview_00

mark-download 第6回 「外食・中食と上手に付き合うための即実践可能なテクニック」

mark-member [1,564KB] (2018/06)

日々の食事を外食や中食に頼る患者さんは少なくありませんが、これらは一般的に塩分量が多いという特徴があります。塩分の過剰摂取は高血圧を惹起し、高血圧と糖尿病が併存すると心血管イベントなどのリスクが懸念されるため、外食・中食の取り方には注意が必要です。そこで今回は、京都桂病院栄養科の川手 由香 先生に、実践的な「適塩」のテクニックを紹介していただきました。

product_info-form-title

apleway_library_00

mark-download 第25回 アプルウェイの特性を考慮した2型糖尿病治療

mark-member (2019/06)

第25回について、東京医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 主任教授 小田原 雅人 先生にご解説いただきました。

disease_info-form-title

THYC_16_06_0496_01

mark-download 第8回 「かかりつけ医の役割を踏まえた食事療法指導のポイント」

mark-member [1,780KB] (2019/08)

食事・運動療法は2型糖尿病の基本的治療ですが、日常診療の現場では十分な指導時間が取れない、などの課題があります。 そこで今回は、石川県金沢市のティーズ内科クリニック院長の土山 智也 先生、副院長の土山 奈央美 先生に、糖尿病食事療法におけるかかりつけ医の役割や患者指導の在り方について伺いました。

logo_t_apw

総合製品情報概要 icon-word[作成日: 2019年5月, 3,117KB]
添付文書情報() icon-pdf[作成日: 2019年5月 第7版, 406KB]
くすりのしおり icon-word[作成日: 2015年10月, 110KB]
インタビューフォーム icon-pdf[作成日: 2019年5月 第10版, 6,635KB]
患者向け医薬品ガイド icon-pdf[作成日: 2019年8月, 318KB]
新医薬品の「使用上の注意」の解説 icon-pdf[作成日: 2015年1月, 1,754KB]
使用上の注意改訂のお知らせ icon-pdf[作成日: 2019年5月, 273KB]
適正使用のお願い icon-pdf[作成日: 2015年12月, 1,531KB]
高齢者に対する特定使用成績調査(J-STEP/EL)集計結果報告 icon-pdf[作成日: 2016年7月, 344KB]
アプルウェイ 発売12ヵ月間の副作用発現状況(結果報告) icon-pdf[作成日: 2015年8月, 3,245KB]
市販直後調査 最終報告書 icon-pdf[作成日: 2015年1月, 5,715KB]
投薬期間制限解除のご案内 icon-pdf[作成日: 2015年6月, 3,819KB]
医薬品リスク管理計画書(概要含む) icon-pdf[作成日: 2019年3月, 392KB]
重さ(g) 約105
色調 うすい黄色
剤形 フィルムコーティング錠(円形・割線入り)
外形イメージ
外形イメージ


※ 最新の添付文書に基づきHTML、PDFファイルを掲載しております。
HTMLは医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載しましたSGMLデータにて作成しています。

≫ ページ上部へ戻る

最終更新日:2016/02/25