文字サイズ

アレグラとのあゆみ

step_00

本シリーズでは、医学の第一線で活躍する著名な先生方に、自身の研究・診療の歴史と、アレグラの関わりについてお聞きします。

step_01

pdf 第1回 薬理学的見地から考えたアレグラの軌跡

non member (2016/06)

第1回は、日本の分子イメージングの草分け的存在として知られる、東北大学大学院医学系研究科 機能薬理学分野 教授の谷内 一彦先生にお話しいただきます。2000年に登場したアレグラのデータを見た谷内先生の驚きとは。

≫ ページ上部へ戻る

1持続性心房細動患者における複合アブレーション手技は、肺静脈隔離術単独 よりも心房細動の再発予防に優ってはいない

22型糖尿病患者に対する降圧療法は死亡率を含めた心血管イベントを改善するが、収縮期血圧130mmHg以下を目標としたさらなる強化療法は脳卒中およびアルブミン尿の低減に関連するものの、心イベントは低減しない

最終更新日:2016/01/25