胃腸の調子が悪くなったり、腰痛・肩こりがひどくなったりと、冬は冷え症の人にとってツラい季節です。本来、人間の体は寒い場所にいても、温かい血液がめぐり、体温を一定に保つことができる仕組みになっています。でも、この体温調節機能にトラブルがおきると、血流が流れにくくなって、「冷え」が起きてしまうのです。
 

では、寒い時期はどう体温を調節しているのでしょうか。
寒い場所に行くと、まず皮膚の神経から脳へ「寒い」という信号が送られます。すると脳内の自律神経から各器官に体温調節のための指令が伝えられます。この指令で、皮膚の毛細血管は収縮して、皮膚からの放熱をふせぐようになります。そして、内臓に熱エネルギーを増やしたりして、自律神経は体温を調節してゆきます。
ですが、最近ではこの体温調節機能がうまく働いていない人が増えてきています。エアコンの普及から、皮膚の温度を感じる神経が鈍くなったり、強いストレスが原因で自律神経の機能低下している人が多くなってきているのです。「冷え症」がその症状の一つです。

そこで、日頃からポカポカ体質にするために、日頃の食生活から見直してみてはいかがでしょうか。ここで紹介する食品は、血液の流れをよくする、血液サラサラ効果のあるものです。血行のいい体質になって、ツラい冷えから解放されましょう。
 
『コナミスポーツクラブのスパ施設』は、のんびり・ゆったりとリラックスし、美容・健康つくりをしていただけるように、寝湯・歩行湯・白湯・各種サウナや露天風呂等、5~14種類のお風呂をそろえております。