医療従事者様向け
5つのポイントを心がけましょう

現代女性の日常生活ではフェミニンゾーンの皮膚(肌)を健やかな状態に保つための習慣を身に付けることが望まれます。

通気性がよく、肌触りのよい柔らかな素材で、しめつけすぎないものを選ぶ。

 

洗浄力の強い洗浄剤で洗ったり、洗いすぎたりすることにより、
皮膚のバリアを保つために必要な脂質が減少する可能性があるだけでなく、
皮膚の常在菌を減らしたり、皮膚の角質層を傷つける可能性があります。

 

月経前や月経中にカミソリなどの使用は避けること。
カミソリで処理する際は保護クリームなどを使い、やさしく丁寧に行う。

 

夏はムレにより、冬は乾燥によりかゆみが発生するなど、
季節により、さまざまなトラブルが起こる。
いずれの場合もフェミニンゾーンに適した洗浄剤などを使い、
手のひらや指の腹を使ってフェミニンゾーンをやさしく洗うこと。

 

月経時に伴う汚れは、フェミニンゾーンのpHバランスを乱す原因にもなるため、
入浴してお手入れすることが望ましい。

 

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。