文字サイズ

ファブリー病重症度スコア表 : Fabry STabilization indEX (FASTEX)

ファブリー病重症度スコア表 (FASTEX)を用いたファブリー病の客観的な臨床的安定評価ツール

FAbry STabilization indEX(FASTEX)は、ファブリー病の臨床的安定性を評価するための動的数理モデルで、症状安定化を評価することを目的として開発されました。

FASTEXは他のファブリー病重症度評価ツール(DS3、MSSI)と同様、診療のあいまに記録することを想定して作成されており、症状や数値を選択して2地点のデータを比較することで患者さんの症状の安定性が客観的に把握できます。

ただし、それぞれの重症度評価ツールに特別大差はないように感じるため、自身が使い慣れた簡便なものを使用するとよいのでしょう。また定期的に記録をする“習慣”をつけることが重要だと考えます。

【監修】埼玉医科大学病院 小児科/ゲノム医療科/難病センター 教授 大竹 明 先生

スコア表のご利用方法

ダウンロードして利用できるエクセル版をご用意しました。診療にお役立てください。
※エクセル版は圧縮ファイル(Zipファイル)でダウンロードされますので、解凍してご利用ください。

    本スコア表では
       
  • 患者様一名につき一ファイルを使用し、各シートに時系列に臨床症状の記録を行います。
  •    
  • 3つに分別した臨床疾患ドメインの症状や度合いの入力により患者評価スコアが自動で算出されます。
  •    
  • 比較シートの「VISIT選択」プルダウンで2地点を比較することでWorseスコアが自動で算出され、棒グラフで確認ができます。
エクセル版ダウンロード

スコア表の画面のイメージ

MAT-JP-2200744-1.0-02/2022

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。