文字サイズ

  1. ATISとは
  2. じっくり学ぶATIS- 3. 世界における発症率
前のページへ
次のページへ

3. 世界における発症率

世界では死亡原因のトップ

心筋梗塞、虚血性脳卒中などの潜在的な原因であるATIS(アテローム血栓症)は、世界(WHO加盟国)における死亡原因の24.5%を占め、死亡原因の第1位となっています(2001年時点)。

世界における死亡原因(2001年) [1]より作成

※1 ATIS(アテローム血栓症):虚血性心疾患、脳血管疾患、炎症性心疾患および高血圧性疾患
調査対象は、WHO地域による加盟国(アフリカ、アメリカ、東地中海、ヨーロッパ、東南アジア、および西太平洋)と定義した。

(参考)日本における死亡原因 [2]より作成

※2 各死因の死亡数/死亡総数

参考文献

  1. 1.The World Health Report 2002. WHO Genova; 2002.
  2. 2.厚生労働省 平成15年 人口動態統計
前のページへ
次のページへ

DOWNLOAD

最終更新日:2015/12/15