文字サイズ

 患者さんが一包化の袋を開けられないとき

脳血管障害などによって運動障害が残った場合、生活にさまざまな不便が生じることがあります。今回は、片麻痺の患者さんでも簡単に一包化の袋を開けられるような工夫を紹介しましょう。

右か左かどちらか半身に麻痺が生じる片麻痺は、脳梗塞の後遺症として多い症状です。片手が不自由な場合には、ヒートから薬を取り出しにくかったり、袋が開けづらいなど、服薬時に不便が生じます。


1952年新潟県南魚沼市生まれ、東京薬科大学卒業。
株式会社マルサン薬局、国立第一病院研修などの後、ハワイ州Enchanted Lake Pharmacy (当時のハワイ州薬剤師会会長Henry氏経営)での修業研修を経て1979年ときのや薬局(ファーマシータイプ:新潟県南魚沼市)、1997年やまと調剤薬局(新潟県南魚沼市)を開局。現在は、うおぬま調剤グループ代表。新潟薬科大学客員教授、NPO法人在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク理事、一般社団法人全国薬剤師・在宅療養支援連絡会副会長なども務める。
共著に『服薬支援とアドヒアランスQ&A』(じほう)。

 
薬剤師の先生方向けWEBサイト『e-MR ファルマシアン』

新規会員登録

会員限定メールマガジン『e-おくすり』最新情報をメールでお届け!詳しくはこちら

Products

インスリン リスプロ BS注

ソリクア

薬剤師ダンス

e-MR Pharmaciensに関するご意見・ご要望

Disease Site

プラルエント患者サポートプログラム「ともに」

ライソライフ ライソゾーム病の症状や治療に関する情報サイトです

アレルギーアイ

糖尿病がよくわかる DMTOWN

TODAY FOR TOMORROW ALSの情報サイト

インタールをご利用になる患者さんへ