文字サイズ

1 | 2 | 3 | 4
2. ATIS(アテローム血栓症)に起因する全身の臨床症状
全身病 変としてのATIS(アテローム血栓症)
ATIS(アテローム血栓症)は、冠循環系、脳循環 系から末梢循環系まで、全身の血管に発生する可能性のある血管病変です。冠動脈におけるATIS(アテローム血栓症)は、急性冠症候群(ACS: Acute Coronary Syndrome)の原因に、脳動脈におけるATIS(アテローム血栓症)は、一過性脳虚血発作(TIA:Transient Ischemic Attack)や脳梗塞の主要な原因となります。また、末梢動脈では、間歇性跛行や虚血性壊死、四肢損失につながる原因となります。
ATIS(アテロー ム血栓症)の主な臨床症状 [1]をもとに作成
 

 
参考文献

1.Drouet L. Cerebrovasc Dis 2002; 13(suppl1): 1-6.

1 | 2 | 3 | 4

最終更新日:2015/12/15

カスタム表示選択

※ご興味のある領域を選択ください。ご希望内容を中心に表示いたします。

この画面は上記「登録」か「不要」をご選択いただければ元のページに戻ります。
設定変更の場合は、画面上部の「ご興味のある領域選択」メニューをご利用ください。